単位取得後の試験が必要なサプリメント資格

サプリメントに関する資格にはいろいろありますが、単位を取った後に試験を受ける必要があるものもあります。
健康食品管理士認定協会の健康食品管理士には、受験資格や取得資格が設けられています。
課目の免除条件には、国家資格の取得やそれに準じるものがあるという条件があります。
健康食品管理士は、資格を取った後、5年ごとに単位を取って資格を更新しなければなりません。
健康食品管理士よりも取得が難しい資格には、サプリメントアドバイザーがあります。
これは日本サプリメントアドバイザー認定機構による資格で、そう簡単に取得できません。
日本臨床栄養協会の会員もしくは学生会員であること、通信教育や講演会の研修単位が40単位取得できていることが条件となります。資格は5年ごとに更新されますが、更新の際も必要な単位を取ることと、日本臨床栄養協会の会員であることが条件となります。
栄養情報管理士は、独立行政法人国立健康・栄養研究所による資格です。
受験資格も厳しくなっています。
資格更新には単位が12個必要で、更新手続きは3年ごとにおこなわれます。
サプリメントに関する資格には色々なものがありますが、取得難易度は資格によって違います。
試験に合格しなければ取れない資格は、一部の人しか取れません。
どの資格を目指すかは、サプリメントの資格に対して何を求めるかによって違ってくるでしょう。