ビタミンCサプリメントの効果的な飲む時間帯

サプリメントは、誰もが簡単に買えるものですが、飲む時間は商品ごとに違います。
ベーシックサプリメントのビタミンCの場合、飲む時間を考えたほうが良いでしょう。
サプリメントの効果を最大限に引き出すためには、摂取した成分をいかに長く多く血液中に溶かし込んでおくことができるかが重要だからです。
ビタミンCは水溶性のビタミンなので、過剰摂取しても余分は体外への排出されてしまいます。
まとめて多く摂っても意味がない栄養成分です。
そのため、食後にサプリメントを飲む、などと決めて体内に常にビタミンC存在していることを意識して飲むことが大切です。
基本的に栄養は食べ物から摂るのが自然です。
そのため、サプリメントで栄養を補うのも食事時が自然です。
食事時の他には、朝食と昼食、あるいは昼食と夕食の間の食間にサプリメントの飲むという方法です。
摂取から吸収までのタイムラグによってビタミンCの体内濃度は摂取後約3時間で最高値となります。
食事の間隔は通常4~8時間なので、食前が最もビタミンCの濃度が低い時といえます。
食間にピタミンCを摂ることで、一定の濃度が保てます。
また、就寝前の摂取もおすすめです。
ビタミンCはコラーゲンの合成を促進したり、メラニンの合成を抑制する働きを持っています。
コラーゲンの合成には、眠っている間に分泌される成長ホルモンも関係しています。
そのため、就寝前にサプリメントを飲むと効果的なのです。