EPAやDHAの効果とサプリメントについて

DHAやEPAは、健康に役立つ栄養素です。サプリメントとしても人気となっています。
イワシやサバなどの青魚に豊富に含まれる成分ですが、人間の体の中で作ることができないので、食事やサプリメントから取り入れなければなりません。現代の日本人の食生活は、昔と比べて魚介類の摂取量が少なくなっています。
魚の消費量の減少に伴い、脳梗塞や心筋梗塞のリスクは上がっているそうです。
動脈硬化や血栓のリスクを下げるためには、コレステロールや血中脂肪を下げる必要があります。
そのためにDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸の摂取が推奨されているのです。
また、近年メタボリック症候群への問題意識が高まっている時代背景もあり、血中脂肪対策としてEPAやDHAのサプリメントを使用する人も増えています。特にEPAは、DHAと比較すると悪玉コレステロールを防ぐ効果は低いのですが、中性脂肪を抑制する効果は高いのが特徴です。EPAの効果は医学的にも実証されていて、高脂血症の治療薬としても広く使用されています。本来、EPAやDHAは食事から摂取するのが当たり前といわれてきましたが、魚を食べる機会が減ってきた最近では、サプリメントで効率的にEPAやDHAを補うことが大切です。
食事から必要な栄養をすべて摂取すると、カロリーもそのぶん増えてしまいますが、サプリメントならその心配がありません。EPAやDHAのサプリメントには副作用もないので、安心して継続できるでしょう。