サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントを飲むときは、サプリメント同士の飲み合わせだけでなく、サプリメントと薬についても考えるべきでしょう。
たとえば、風邪をひいたので風邪薬を飲みたいけど、毎日飲んでいるサプリメントの影響が気になるという場合、気を付ける点としては、サプリメントと薬の相性が悪かった場合に体に悪影響が出てしまうことです。
薬やサプリメントの効果が出ず、効き目が半減したり、逆に強く出過ぎたり、別の作用が体に表れてしまうこともあります。
例を挙げると、血液凝固剤とビタミンKのサプリメントは、併用すると血液凝固作用が弱まることがあります。
また、ビタミンB5とパーキンソン病の薬と一緒に摂取すると、薬の作用が低下します。
何も考えずに飲んでしまって困った状況になると大変です。飲み合わせに不安を感じる場合には、サプリメントの販売店や薬を処方してもらった薬局に問い合わせて確認してみましょう。
また、サプリメントを飲む時は水を使いましょう。基本的に大きな問題はありませんが、お茶やジュースで飲むとサプリメントの栄養成分の吸収が悪くなる場合があるのです。鉄分のサプリメントをお茶で飲むと、お茶のカテキンと鉄が結びついてしまうことがあります。サプリメントを利用するときは、飲み合わせや飲み方に充分注意することが大切です。