サプリメントと薬の違い

サプリメントと薬は、よく似ています。そのためサプリメントと薬を混同してしまっている人も多いようですが、形状や色が似ていてもサプリメントと薬はまったく違うカテゴリに属するものです。
薬事法で厳しく取り締まられている医薬品に対し、食品に分類されているサプリメントには薬事法があてはまりません。
医薬薬は、薬剤師がいる店舗でなければ販売することができませんが、サプリメントはコンビニやスーパーで手軽に購入することができます。
サプリメントを、栄養機能食品や栄養補助食品などに細分化して管理する法律も整備されつつありますが、それでも食品であることに変わりありません。
インターネットやテレビの通信販売でも、数多くのサプリメントが販売されていますが、薬ではないことをしっかり把握しておきましょう。
薬として販売できるのは、治療効果や効能に関する実証データが得られて認可されたものだけです。
薬の場合、副作用の確認もとても重要で、治癒効果が高くても重大な副作用があれば販売されることはありません。
それに対して、サプリメントは食品販売に関する法律の条件を満たしていれば販売することができます。
サプリメントを販売するメーカーも、いろいろな実験を繰り返し、栄養成分による健康効果を確認していることがほとんどですが、サプリメントと薬は、身体に及ぼす効果がまったく異なるのです。