サプリメントと薬の併用

一般的なサプリメントは、植物や動物が含有する成分を特殊な方法で抽出し、手軽に飲めるように加工してあります。
食生活が乱れがちな現代人は、食事だけで必要な栄養をすべて摂取するが渦化しいので、サプリメントはとても役立ちます。
サプリメントを使用する前に、食事内容を見直してバランスの取れたメニューを組み立てて食べることが栄養補給の基本ですが、食事だけではどうしても偏ってしまいがちです。
足りない栄養素をサプリメントで補うというのが、正しいサプリメントの使い方です。
サプリメントはカロリーが低いので、ダイエット中で食事制限をしている人も、効率良く栄養を補うことが可能です。
栄養摂取の補助としてサプリメントは役立ちますが、服用中の薬がある場合には注意が必要です。
薬は、単独で服用する時にも副作用のリスクが存在します。
そのリスクが、サプリメントと併用することでより高くなる場合があるのです。
サプリメントの作用によって、薬が本来発揮するはずの効果を現さなかったり、逆に効果が強く出過ぎたりすることがありあす。
ビタミンCは、サプリメントの中でも特に人気があるものですが、インスリンを使用した糖尿病治療を受けている人は薬の効果が強く出過ぎることがあるので注意しましょう。
また、精神安定剤と一部のサプリメントも飲み合わせが悪く、薬の効果が弱くなることがあるそうです。
持病があって薬を飲んでいるという場合、あらたにサプリメントを飲みたいときには医師に相談してからにしたほうが良さそうです。