東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれる

「ウエスト -13.8cm」「太もも -14.0cm」「ヒップ -16.4cm」これは、スリムビューティハウスの「ウルトラ骨盤ダイエット」で4ヶ月かけて落とした数字です。

ウルトラ骨盤ダイエットを体験している方の中には、これ以上の数字を叩き出している方もたくさんいます。あなたも、このような数字を叩き出してみたいと思いませんか?

スリムビューティハウスのウルトラ骨盤ダイエットは、東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれます。このコースでは、キャビテーション・Mキューブウェーブの他に、スリムビューティハウスオリジナルのカップドレナージュで徹底的に脂肪や骨盤に働きかけていきます。

スリムビューティハウスならではの施術を組み合わせたボディコースなので、ただ単に体重を落とすだけでなく、メリハリのある綺麗なボディラインができあがります。

自己流のダイエットで急激に体重を落とすと、どうしても皮膚がゆるんでしまったり、ひび割れてしまったりします。そのような状態になってしまうと、メリハリのある体へ導くのはかなり困難ですし、一度ひび割れが出来てしまうと消えることはありません。

ですから、美容のプロのチカラを借りて、体に負担をかけることなく、綺麗なボディラインを手に入れていきましょう。ウルト骨盤ダイエットなら、内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライト……。このような悩みも綺麗に解決することができます。詳細はこちら

紫外線をカットする商品

年間通して、太陽が出ている時間帯は紫外線が地上に届きます。紫外線をカットする品物は何があるでしょう。曇天の日は、紫外線はあつい雲で遮られています。紫外線カットに特に気を配ることはないといいます。太陽の高い日中や天気のいい日には、ぜひ紫外線対策を怠らないように日頃から気を使いたいものです。特に夏場の紫外線はできるだけカットした方が、肌へのダメージは少なく済みます。この頃は、日焼け止めクリームだけでなく、紫外線をカットすることができる化粧品などもあります。出かける時にはこまめに使うよう心がけてください。日焼け止めクリームなどの紫外線をカットする効果は、時間とともに薄れてきます。できるだけ塗り直しをするようにしましょう。特に日差しの強い時には、紫外線をカットする効果の高い日傘やサンバイザーなどを併用することで、より紫外線からの影響を受けにくくなります。紫外線が目に及ぼす作用も、重視したいものです。普段使いの眼鏡に、紫外線をカットする能力がついているものも販売されているようです。紫外線の影響から目を守るため、眼鏡を必要としていない人でもサングラスを利用するのもいい方法です。紫外線を受けると目はダメージを受け、充血する場合もあります。日除けやサングラスなど紫外線をカットするものを活用しましょう。

リバウンドの原因を知ろう!

あなたがリバウンドしてしまった原因は何? 失敗しないためには、まず敵を知ることが先決です。そこでリバウンドのしくみを紹介します。リバウンドするには、それなりの訳があるのです。

いったんダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうことがあります。それは決して意思が弱いのではないのです。実は、ダイエット始めたときの意気込みが強く、最初の目標が高い人ほどリバウンドしやすいのです。

ちょっと意外な感じがしますが、ダイエットするときに「あれもこれも全部ダメ」と完璧を求めた計画を立てると、精神的にも肉体的にも無理を強いられるのです。

意気込みが強く、目標が高い人ほど、その無理が大きくなります。そんな無理な方法で痩せても、反動でドカ食いに走ったり、疲れてしまってある日突然放り出したりするのです。その結果が恐怖のリバウンド、というわけです。

一般的には、あまり無理なダイエット方法を長く続けることは不可能です。最初のうちはやる気でカバーできても、無理な計画では体がついていけません。意思に関わりなく、体が音をあげてしまうのです。目標が高ければ高いほど、意気込みが強ければ強いほど、その傾向が強いようです。

どんな方法でも、痩せれば脂肪だけではなく筋肉も落ちています。筋肉が落ちると基礎代謝も下がるため、消費エネルギーも少なめになります。

そんなときにダイエット前の食事に戻せば、エネルギー過多になって太るの当たり前です。余ったエネルギーは、脂肪として蓄積してしまいます。つまり、痩せたときがいちばん太りやすいのです。詳細はこちら

リバウンドで体脂肪が増える!?

リバウンドしてしまったとき、あなたはどうしていますか? 悲しいけれど、ダイエット前より体重が増えたわけではないし……、確かにそうです。でも、現実はもっと厳しいのです。

リバウンドは、ただ痩せた体重がもとに戻るのではなく、確実に痩せにくい体をつくることになるのです。たとえば、体重50kg の人がダイエットして47kg になったとしましょう。このとき減った3kg には、脂肪だけでなく筋肉も含まれています。ところが、リバウンドして再び50kg になったとすると、増えた3kg 分はほぼ脂肪ばかり……。

つまり、リバウンドすると、筋肉が減って脂肪が増えた分、確実に体脂肪率がアップしてしまうのです。本当のダイエットとは、単に体重を減らすのではなく、体脂肪を減らすこと。ところが、リバウンドすれば体脂肪が多くなる。それだけ、次に痩せるのが難しくなってしまうのです。

痩せたいと願う人の中には、何度もリバウンドを繰り返している人も少なくありません。体重だけにとらわれたダイエットにはご用心……。

せっかく痩せたのに……、と嘆いているあなた。ちょっと待って、もしかしたら、痩せたと思っていることそれ自体が勘違いということがあるかもしれません。

私たちの体は、約60%の水分と20%の脂質、残りの20%は15%のたんぱく質と5%のミネラル、という割合で構成されています。本来のダイエットとは、この20%に当たる体脂肪を減らすことなのですが、間違ったダイエットでは体脂肪が燃えないため、60%を占める水分だけが減ってしまうのです。いくら水分が減っても、本当に痩せたことにはならないのです。詳細はこちら

紫外線の防止対策をして外出を

雲の多い日でも真冬でも、紫外線は肌へ影響を及ぼしています。何らかの形で常に紫外線防止を行いたいという人もいます。屋内にいても窓辺であれば紫外線は肌に届いていますし、洗濯もの干しなどで庭やベランダで作業をすることがある人も要注意です。メイク用品には紫外線予防機能があるものがありますので、毎日のスキンケアに役立ちます。肌のへの負担を考えると365日、化粧品に頼るのは避けたいと思う人もいることでしょう。地表に届く紫外線の量は、雨の降る日なら少なくなるため、普段ほどの紫外線対策はいらないともいいます。しかし曇っている日は予想外に紫外線が強いため、屋外に出る時はきちんと紫外線対策が必要になるでしょう。肌が紫外線の影響で傷むことがないようにするには、季節がいつであっても、天気が良い日の外出は紫外線の予防ケアを忘れずに行うことです。最近は子供の紫外線防止も力が入っていますが、化粧品はやはり肌へのダメージが気に掛かります。最近では、日焼け止め効果がある某氏、メガネ、日傘、サンバイザーなど様々なUVグッズが販売されており、役に立ちます。最近は紫外線を防止できる特殊フィルムも販売されています。窓ガラスにはそういった紫外線対策グッズを利用すると、室内に入りこむ紫外線を防ぐことも可能です。加齢と共にしみやしわが増えるのは、若い頃に浴びた紫外線も関係しています。しかし適度な日焼けは健康増進にも効果的です。皮膚に多く受けすぎると様々なトラブルを引きおこす紫外線ですが、やりすぎないようにしましょう。

紫外線の防止対策

体への紫外線の影響を防ぐ対策として一般的なのが、UVカットなどの日焼け止めクリームを活用することです。一般に、紫外線による健康被害が広く知られるようになってきました。数えきれない程、紫外線の防止対策としてUVカット商品の種類はたくさんあります。子供用の紫外線防止用のクリームなども、子供への紫外線による健康被害対策として今ではたくさん販売されています。紫外線対策アイテムが、皮膚の弱い子供用に揃っているのはとても便利です。影響を目にも及ぼすのが、紫外線に含まれる強度のUVBというものです。紫外眼炎や白内障などを引き起こす可能性が、強度のUVBに目がさらされることであるといいます。メガネやサングラスなどが、目の紫外線防止対策としてはおすすめです。通常のメガネはわずかな紫外線防止効果があるようです。メガネはガラス製のものより、プラスチックで出来たレンズのほうが紫外線の防止がだいたい出来るといわれているようです。どんな影響が紫外線による眼や視力へあるのか心配な場合は、紫外線防止がどの程度できるのか、どのような素材で使用しているレンズが出来ているかを調べれば知ることができるでしょう。殆どの紫外線を吸収し網膜を保護するとされ、紫外線防止効果が高いと考えられるのが、コンタクトレンズです。保護メガネは眼を紫外線から保護するためのものですが、ほとんどは紫外線にさらされる環境で働く場合や登山家などの使われているといいます。形状はゴーグル状の眼を完全に覆うのもので、紫外線の防止は横から眼に入るもさえも可能であるといいます。

黒ずみに効くオススメクリーム

急いでネットで黒ずみに効くオススメクリームを探しました。
肘って冬の間完全にケアを忘れるパーツですよね。
ひざの黒ずみも気になるのに、ひじまでシワシワでくすんでいるなんて、最悪です。
半袖を着て正面から鏡を見ても自分では見えないけど、他人からは目につくものです。
以前、つり革につかまった女性のひじが真っ白でキレイで見惚れたことがあります。
どうしてこんなにヒジが乾燥するのか調べてみたら、ヒジ(ヒザも)は極端に皮脂腺が少ないということが関係しているそうです。
汗もかかず、皮脂が出ないとなると乾燥しやすいのは当たり前ですよね。
それと、日ごろの習慣で机や床にヒジやひざをつくことでも、刺激になって色素沈着してしまうそうです。
デスクワークで机に肘をつきっぱなしの人や、家でつい膝をついて行動してしまう人も、要注意ですね。
家で筋トレとかヨガをするときも、ひざとひじを床につくことが多いけど、やっぱりサポーターみたいなものを着けたほうがいいのかもしれませんね。
あまり机や床にあたらないようにしながら、ボディ用の美白クリームを塗ってキレイなヒジとひざになりたいです。詳細はこちら

化粧品と美容液の選び方について

美容液は化粧品の中でも選び方が難しく、美容液に何を求めるのかがチェックポイントとなります。たるみのしわのない肌になるため、透明感のある肌になるためと美容液の目的は様々です。一つの美容液で肌への美容作用を全て得ようとしても、それは難しい相談です。数ある効果の中で、特に自分が必要と思う効果のある美容液を選びましょう。化粧品のメーカーによって、化粧水の後か乳液の後か、美容液をつける順番も変わってきます。中には、つけてから洗い流す美容液もあります。使用上の注意書きにじっくり目を通してから使ってください。つけた感触がさらりとしているノンオイル、なめらかな感触のジェルタイプとお肌の触れる感触は美容液により色々です。この他にも、クリーム状の美容液やパテ状の美容液があり、それぞれに特徴があります。自分の肌が脂性肌や混合肌など油分が多い場合、美容液を選ぶ時は油分があまり含まれていないものがいいでしょう。ジェルタイプやノンオイルタイプは油分が少ない美容液です。一方、クリームタイプやパテタイプは油分が比較的多く、乾燥肌の人向けです。化粧水や乳液にも保湿成分が含まれていますので、それらの効果を活用できるような美容液の選択と使い方がポイントです。美容液の価格は、化粧品の中でも比較的高めです。買ってから肌に合わなかったということがないよう、トライアルセットなどで確認してください。

ダイエットをするうえで適度な運動は欠かせない!

「運動は、していますか」と女性に尋ねると「とくにはしていません」という答えが圧倒的多数のようです。「運動しないで楽して痩せる」ダイエット法があふれていますが、やはりキレイに確実に痩せるためには、運動は避けて通れません。

脂肪を燃焼しようとするのではなく、基礎代謝を上げるために運動するのだと考えてください。女性は、1日の消費カロリーが1600~1800kcalであるといわれていますが、これは筋肉が多いか少ないかによってかなり違ってきます。

筋肉をつければ、基礎代謝、すなわち、じっとしているときのカロリー消費量が増えてきます。当然、脂肪は自然に落ちていきます。

とくに生活は変わっていないのに、年齢とともに太りやすくなるのは、筋肉が年々減るためです。ホルモンバランスの変化とともに、筋肉は落ちていくのです。

そのため、年をとればとるほど運動を心がけないと、太りやすくなるわけです。手っとり早く筋肉をつけるには、歩くことがいちばんです。革靴でなく、きちんとウオーキングシューズで歩かなければ意味がありません。なるべく大またで、少し息が上がるくらいの速さで歩きます。これを20分、最低週1回、できれば週2回おこないます。

ウォーキングでは、骨格を支える大きな筋肉をよく使うのですが、大きな筋肉はつきやすいので、わりと早く効果が出ます。筋肉アップだけでなく、腰痛や肩こり解消にもなって一石二鳥です。ジムなどに行かなくても、いつでもできるのがよいところです。詳細はこちら

紫外線の防止と紫外線の利点

様々な健康被害などから、紫外線の防止対策が必要であるとされていますが、紫外線にはメリットもあります。皮膚でビタミンDを生成する為には紫外線が必要です。あまりにも紫外線を防止しすぎると欠乏してしまうのが、ビタミンDです。ビタミンDの欠乏によるくる病を発症し、骨の痛みや体重増加時には骨折などの症状を引き起こすケースがあるとされています。精神病の治療や生態リズムを整える作用などが、紫外線を毎日少しの時間浴びることであるといいます。あえて紫外線を浴びるようにする治療方法もあるそうです。健康維持の為に、紫外線防止することだけが良いことであるとは一概には言えません。健康維持のために必要なのは、適度な日光浴です。外遊びなどは子供の成長にとって大切です。カルシウムは成長に必要なものですが、ビタミンDというカルシウムを効率良く体へ吸収させる作用がものを紫外線によって生成することができるのが利点です。紫外線防止を、紫外線を浴びることでの健康被害だけを考えて過度に行なうだけでは、紫外線による健康への効果はほとんど得られないことになってしまいます。紫外線防止で健康被害を防ぎ、尚且つ紫外線の利点を理解した上で紫外線と上手く付き合う方法を考えていくことが大変重要と言えるのではないでしょうか。