“痩せていても肥満”かもしれない!?

学生時代、陸上の選手だったA子さん、ここ数年間標準体重以下をキープしつづけているB子さん、2人とも肥満のニ文字は眼中にない!?

でも、昔スポーツをやっていたことと、標準体重以下であることが「肥満ではない」ことに結びつくとは限りません。肥満とは体脂肪の量が多すぎたときに、はじめて「肥満」だとか「太っている」といえるのです。

人間の体を構成する三本柱は、水分と筋肉と脂肪。いちばん多いのが水分で、体重全体の約50~60%を占めます。次いで多いのが脂肪。一般に体脂肪率は男性で15~20%、女性で20~25%程度が標準的とされています。つまり、これを上回れば、肥満に近づくことに……。

まず、昔スポーツ選手で筋肉質のA子さんの場合。たしかにいまは、学生時代に蓄えた筋肉がたっぷりあるかもしれません。ただし、スポーツをやめて筋肉を使わなければ、筋肉は確実に痩せ細り、そのぶん体脂肪が増えていくのです。体重の変動がなくとも油断対敵です。

つぎに、数年来標準体重以下をキープしているB子さん。標準体重以下でも、運動しなければ筋肉は落ちてきます。平行して、脂肪の分量が多くなっている可能性大です。見た目のスタイルや体重は同じでも、体脂肪の割合が大きければ、痩せていても太っている、いわゆる“隠れ肥満”に……。

肥満の進行が見えないからこそ、むしろ怖いのです。そして今、標準体重というベールに隠された隠れ肥満人口は意外に多いのです。詳細はこちら

光脱毛やレーザー脱毛による脱毛方法

脱毛の方法には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などの種類があります。
手足やワキの下の脱毛をするときは、これらの方法の中から選ぶことになります。
ムダ毛が気になるのは夏が近づいて薄着になる季節ですが、その頃に脱毛を始めても遅いでしょう。
脱毛をはじめるのに最も適しているのは、長袖を着ている季節なのです。
エステでも、脱毛を始めるなら冬がチャンス!と謳っているところが多いものです。
エステで行われている代表的な脱毛方法は、光脱毛やフラッシュ脱毛を呼ばれている脱毛方法です。
光脱毛というのは、キセノンランプから放出される色々な波長が混ざった光を、フィルターにかけて脱毛したい部分に照射するというものです。
フィルターの働きで毛根の処理にぴったりの波長にした光を毛の根元に照射すると、毛根がダメージを受けて損傷します。
そうすると、次の毛が作られにくくなり、毛が生えてこなくなるというのが光脱毛の原理です。
光脱毛は、料金も安く安全性も高いので、今最もおすすめできる脱毛方法のひとつであり、実際に年代を問わず多くの人が光脱毛の施術を受けています。
もう一つ人気の脱毛方法に、レーザー脱毛があります。
こちらは、特定の色に吸収されるというレーザーの特性を用いた脱毛方法です。
脱毛したい部分にレーザーを照射し、毛根を壊して毛が再生できないようにします。
レーザーを照射すると、肌を輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。
部位によってはもっと痛いこともあるのが、レーザー脱毛のデメリットです。
ニードル脱毛は、毛根ひとつひとつに細い針を刺し込み、針の先に電流を流して毛根を破壊する脱毛方法です。
10年ほど前までは、確実に永久脱毛ができる唯一の方法としてこのニードル脱毛が主流でした。
ニードル脱毛の最大のデメリットは、皮膚に針を刺すことによる強い痛みです。
また、時間も料金もかかるので、最近ではあまり利用する人はいないようです。

内ももダイエットの方法

内ももダイエットにはいくつかの方法がありますが、どれも手軽なので太もも痩せしたい人はぜひ取り入れてみてください。
女性にとって美容と健康は常に注目のテーマであり、中でも高い関心を集めるダイエットの方法については、いろいろな方法があらわれては消えていきます。
数あるダイエット方法の中でも、部分痩せに関しては特に多くの女性が関心を持っていると思います。
女性向けの美容雑誌やファッション雑誌などでは、毎号のように内ももダイエット、二の腕ダイエット、小顔ダイエットなどの部分痩せエクササイズやダイエット法が特集されています。
内ももダイエットの方法で人気があるのは座ったままできるエクササイズです。
仕事の合間に手軽にできる簡単な方法で、即効性もあるので多くの人が実践しています。
内ももダイエットを続けると、骨盤のゆがみが取れるので、肩こりや腰痛の解消など骨盤矯正によって得られる多くのメリットがあります。
すぐにでも始められるのは、内ももを持ちあげて座ったまま足踏みをする、という方法です。
背筋を伸ばして椅子に深めに座り、内ももに手を入れて、気になるぜい肉を手でグッと持ち上げます。
このとき、足に力を入れて膝をつけるようにしましょう。
足を閉じて太ももに力を入れたまま足踏み運動をゆっくり続けます。
内ももを意識しながら1日1回、10分くらいこの運動をおこなうと、内腿の脂肪が取れてサイズダウンします。
普段から歩くときは姿勢を良くして、常に内ももを意識することも大切です。
階段をのぼる時には、ややガニ股気味にすると、内ももが刺激されてダイエット効果があります。
内ももの脂肪が取れるとお尻があがって見えて下半身全体がスッキリして見えます。
簡単な運動と、常に姿勢を意識することで内ももダイエットを成功させましょう。

内もものダイエット

内ももダイエットはどのようにすれば効果が出るのでしょうか。
足全体のダイエットは、多くの女性の関心を集めています。
中でも内ももは、どうしたら痩せるのかわからないという人が多い部分です。
食事制限や運動を続けることで痩せるということはわかっているのに、なかなか成功しないのがダイエットというもの。
いつも途中で挫折してしまうという人は、精神的ストレスの大きい食事制限に耐えられなくなるからではないでしょうか。
ダイエットは、女性にとって常に気になるテーマだと思いますが、特に注目されているのが気になる部分だけを集中して細くする部分痩せダイエットです。
二の腕や太ももはなかなか痩せないだけに悩んでいる人は多いと思います。
特に内ももダイエットは難しいですね。
下半身は、お尻がたれてきたり、太ももが横に張りだすことによって全体的に太く見える部分です。
内ももダイエットにはいくつかの方法がありますが、座ったまま出来る方法は簡単で誰でもできるので人気です。
地味に見える運動でも、毎日欠かさず続けることで、サイズダウンできることはあります。
内ももが引き締まると脚全体が細く長く見えるので、立ち姿や歩く姿、洋服を着た時のシルエットもきれいに見えるようになります。
ただし、ダイエットに成功しても内ももは油断するとすぐにぜい肉が付いてしまうので、理想のサイズになっても簡単な運動は継続したほうが良いでしょう。
部分痩せダイエットについては、インターネットや健康雑誌、美容雑誌などでも詳しい情報を得られるので、興味のある人は自分に合った方法を探して実践してみると良いでしょう。