「人生」を記録する

葬儀の主役は故人です。もちろん故人は自分の葬儀を確かめることはできません。しかし葬儀を通して自らの人生を語り、家族や友人たちに最後のメッセージを送ることはできます。人々のなかに、いつまでも忘れることのない思いでを残すことができます。

自分の生きざまを人々の記憶に残してほしいという故人の願い。「世のため人のために尽くした彼の人生模様をみんなに知ってほしい」という残された者の願い。

そんな願いを実現させ、さらに豊かな発想を自由に展開させてゆく。無宗教葬儀にはそんな可能性が秘められているのではないでしょうか。たとえば、こんなふうにです。

・音楽や文化の力を存分に発揮できる。

・故人の生い立ち、人生模様や信条を存分に反映させることができる。

・プログラムのなかに「家族」を登場させることができる。

・共に働き、活動をした仲間や友人たちの出番を増やすことができる。

・故人自ら、葬儀の企画に参加できる。

・発想を自由に、無限に広げることができる。

お葬式 安いの主役は個人と家族です。家族が葬儀に参加する条件は、無宗教葬儀で大きく広がりました。その条件をもっと広げたい。同時に、葬儀の雑務から家族を開放し、家族だけで故人をしのぶ時間をつくって「癒し」の条件をもっと広げるといった工夫も始まっています。

 

ヤミ金の取り立てが兄弟に

皆さんは、テレビの特集でヤミ金の取り立てについて放送しているのを見たことがありますでしょうか。だいたいの内容が口汚くののしっていたり、脅迫とも取れるような返済の催促であったと思います。

このヤミ金は、このように取り立ての方法が手段を選ばないものとして知られており、その業務内容自体も、通常の消費者金融や金融機関といった融資を受け付けているものと違い非合法であるとされています。

こと取り立てに関しては、債務者だけに及べばまだマシと言えるのですが、問題はこのヤミ金が債務者だけからの取り立てを想定しているのではなく、その近親者からの取り立てや嫌がらせとして職場にまで影響を及ぼすような手段も辞さないため、債務者への電話に留まっているうちに早急な対処が必要と言えます。

しかし、この債務者への電話を無視すると次は近親者へとターゲットが移ります。そうなると親兄弟に至るまで取り立ての電話がかかるようになり、子供がいる方は子供にまで影響が及ぶこともあったそうです。

更にエスカレートすれば近親者への取り立ての電話だけでなく、職場にもヤミ金と名乗った上で嫌がらせの電話までされることもあります。お金を借りなければならなかった事情は人それぞれです。法外な利子や、貸付は法律を犯しています。法にのっとって対応できるように理解ある弁護士事務所にヤミ金 被害 相談をしましょう。

探偵の日常

探偵の日常というのは、よく小説やテレビドラマで描かれるような格好のよいものではありません。

劇的な出来事に遭遇したり、美女との危険なアバンチュールが起こったりする可能性がまったくないとは言いませんが、現実は、地味で根気のいる作業を積み重ねていることがほとんどです。

探偵の1日には、サラリーマンのように、決まった時間に決められたことをしなければならないという約束事もありません。ただ、現場に行って張り込み、尾行などをする必要がない限り、朝、事務所に出勤し、メールをチェックするようなところは同じかもしれません。

その後、調査報告書の作成とチェック、依頼人との連絡、電話相談やメール相談の対応、事務所に訪れた依頼人との面談など、あれこれ事務所での仕事をこなしているうちに、気がつけば夕方になっています。

探偵にとって現場での調査が大事であることはいうまでもありませんが、同様に、事務所での仕事もとても大事なのです。なかでも調査の場景が目に浮かぶような、しっかりとした調査報告書を作成すること。これなくして、探偵社の経営的成功はありません。

よい調査報告書は信頼につながり、評判となり、新たな依頼人を引き寄せる重要な商品となるため、かなりの時間を費やして作成します。そうやって調査報告書の精度を少しでも上げるようにしています。

40年の実績がある原一探偵事務所は、信頼できる探偵事務所です。調査の方法や探偵 料金についてはお客様の事情に合わせて提案し、お客様といっしょに方法を決め手いきます。電話・メールでの無料相談を実施しています。困ったことがあればお電話ください。

目指すのは「太すぎず・細すぎず・メリハリのある」脚

ひょっとすると、みなさんは「美しい脚」イコール「細い脚」と思うかもしれません。「とにかく脚を細くしたいのです!」という女性の方がたくさんいらっしゃいます。

確かに、適度なサイズよりも脚が太いのであれば細くするためのメソッドが必要でしょう。しかし、ただ細くしても美脚を手に入れることは、できるわけではない、ということをしっかり肝に銘じてほしいのです。

というのは、私は、これまで2万人以上の女性の脚を見てきましたが、脚が細くてもキレイに見える人と見えるない人がいることに気がついたのです。

「いったい、この差はなんだろう?」と考えたとき、たとえ同じ細さでも、メリハリがあるかないかによってずいぶん印象が違うことがわかりました。

私たちのカラダには「造形美」というものがあります。たとえ細くても、骨のうえに皮がついた棒のよう脚では、人間的な魅力や女性らしさを感じられません。

やはり、筋肉や脂肪が適度についていることが大切なのです。めざすのは「太すぎず・細すぎず・メリハリのある」脚。そして、全身をシルエットで見たときのバランスが絶妙な脚です。

美脚の女性はコンプレックスから解放されて、生き生きと輝いています! 大切なのはこの「自信」なのです。エルセーヌの美脚になる方法の美脚になれば、歩く姿や立ち姿までが、シャキッとカッコよくなります!

太ももが太い、ふくらはぎが太い、筋肉が落ちない、何をしても細くならない! 天使の美脚塾は問題なくあなたの脚を細くすることができます。

両親の離婚が子どもに与える心理的影響

離婚することが子どもに悪い影響を与える、という理解を大人がすることは一面的すぎると思います。両親の不和が目に見えるような場合(家に戻らない、暴力など)に限らず、目に見えないような不和であっても、子どもはかなり敏感に両親の不安を感じ取るものです。

仲の悪い両親の間で悩む子どももかわいそうであり、むしろ離婚して子ども引き取って、安定した環境を与える方が子どものためと考える親もいますし、その通りといえる場合もあります。

しかし、子どもによっては、両親の離婚によって傷つく子もいますし、逆に相対的にかなり冷静に両親の離婚を考える力のある子もいます。

子どもの性格や成長度・大人度により、あるいは子どもも置かれた環境(子どもなりに孤独であるのか、相談する相手がいるのか、打ち込める好きな対象があるのか)などによって異なるのではないかと思います。

したがって、子どもにいつ両親の離婚のことを話すかは、ケース・バイ・ケースであり、子どもの性格や成長度に応じて親が判断するしかありません。

ただ、離婚は大人である夫婦にとっても大変エネルギーを要する大事であり、なかには子どものことに注意を払うゆとりがない場合もあるかもしれません。

子どもの年齢によっては、両親の離婚、あるいは両親が離婚でエネルギーを使い果たしていることに寂しさを感じて、自分では処理できない場合もあるようです。

40年の実績がある原一探偵事務所は、信頼できる探偵事務所です。調査の方法や探偵 費用についてはお客様の事情に合わせて提案し、お客様といっしょに方法を決め手いきます。電話・メールでの無料相談を実施しています。困ったことがあればお電話ください。

離婚に向けた準備

離婚すると決めた後は、離婚の手続きについて、離婚後の自分の生活について、離婚後の子どもの養育について、できる範囲で調べ、また準備をすることが必要となります。

当事者同士の話し合いで協議離婚をするような場合、「ともかく離婚だけ先に成立させて養育費や財産分与、慰謝料は後で決めよう」と協議するケースもありますが、

離婚成立後にそのような話し合いができるのは、双方に誠意があって冷静に話し合いのできる場合のみといってよいかもしれず、離婚が成立してしまったらなかなか連絡もつかないし、金銭の話になると逃げ回るという人もいます。

自分なりに、離婚に際して請求できるものは、請求されるもの、について調べることが大切です。とはいっても、離婚に関する本はたくさんありますが、法律上の規定と実務の運用とでは異なることもありますので、本から得られる知識にとらわれすぎても自分の足を引っ張ることになりかねません。

何も知らないというのも困りますが、知識だけに頼り過ぎても現実には通用しないこともあるのです。

当事者同士の協議離婚であっても、その合意が成立するまでの間の生活費について、収入の少ない当事者からより多い相手方に対して請求することは可能です。

当事者だけで協議離婚の話をすすめていると、小さな子ども抱えた側は生活に困り「兵糧ぜめ」のような形で相手の言いなりの条件で離婚に追い込まれる可能性もあります。このような場合には、生活費を支払ってほしいという調停を家庭裁判所に申し立てることもできます。

聞き込みは下見なしでは始まらない

尾行と張り込みの次に重要な探偵術、それが「聞き込み」です。聞き込みには、張り込み・尾行を繰り返したあとに初めて行なうのが鉄則です。聞き込みから調査を始めると、周囲の人に警戒心が起こり、張り込みがやりにくくなります。第一、訊いた人に顔を覚えられてしまいます。

さらに「直調」を避ける、という前提もあります。直調とは、調査対象者本人にじかに会って、調査内容そのものを聴くことです。もちろん、架空の話をつくったりして、本人に直接当たる例外もあるので「できるだけ直調を避ける」というのが適切でしょう。

実際の聞き込みでは、いきなり無造作に見ず知らずの人にあたることはありません。まずは、聞き込みに行く場所の下見から始めます。周囲の地理地形、環境、つまりは土地の性格を把握することです。

それによって、聞き込みに行く時間帯、服装などが決まります。さらに、張り込みと同様、相手に不審に思われず、正体を知らせないための架空のストーリーをつくっておきます。

下見の成功率は、依頼を受けたとき、いかに多くの情報を得られるかにかかっています。その情報を軽視すると、聞き込みはもちろん、尾行・張り込みの成功率も低くなります。

また、聞き込み調査が終了したら「裏付け」をとります。聞き込み調査で得られた情報は、すべて「未確認情報」です。これを「確認情報」にするために裏をとるのです。

原一探偵事務所は、家出 捜索においては40年の実績がある探偵事務所なので、安心しておまかせできます。日本で確かな探偵業務をやってくれるのは、原一探偵事務所だけといっても過言ではありません。

 

 

ターゲットを遠巻きに外堀から攻める!

ここでは、結婚に関する調査における聞き込みを例にして話を進めることにしましょう。調査依頼者は夫となる男性の親。調査対象者は妻となる女性、仮にAさんとします。

こうした調査の眼目は、聞き込む対象者の家族構成を把握しておくことです。家族のなかで大学生がいれば、就職にまつわる架空のストーリーをつくり上げるのも一案です。

また、父親が名のある企業の社員なら、その方面からもストーリーはつくれます。調査依頼の段階で、何を重点的に調べればよいか、頭に入れておく必要があります。

架空のストーリーができあがったら、聞き込みに向かいます。対象は近隣の人たちですが、いきなりAさん宅の隣家を訪れにようなことはしません。やや遠巻きにして攻めていくのが常套手段です。

住宅地で一軒家であれば、半径200~300メートル外周にある家から聞き込みを始めるのが一般的です。そこからほぼ渦巻き状に、Aさん宅へ近づいていくのです。

外周のいちばん外側であっても、Aさんの家族についてストレートに聞くことはまずありません。2~3軒隣あたりの話を聞きながら「ところで、そのまた隣の家はどうでしたか?」というように、あくまでもこちらの興味対象はAさん宅にはない、という態度を装い会話を進める方法です。

そのように、遠巻きにして本人以外の情報を徐々に吸収していくと、その土地に詳しくなっていきます。ゆえに、いざ対象者に近づいたときも、聞き込みはスムーズにできるのです。

 

尾行の失敗はすなわち、探偵失格!

尾行の失敗は、なかなか表面にあらわれないものです。むろん、相手を見失った、あるいは尾行に気づかれた、というのは完全な失敗です。では、相手を見失わずに最後まで見届け、写真撮影などの証拠もしっかりおさえたら、それで尾行に成功したといえるでしょうか。

それは、探偵の仕事としては成功でも、尾行そのものは成功したとは言い難いのです。尾行術に則せば、失敗と同じです。問題は結果ではなく、その過程なのです。

たとえば、空いている電車内で尾行中の探偵が、少しでも相手から目を離したら、その時点で尾行は失敗、と言うことです。相手はたまたま同じ電車に乗り続けただけかもしれず、目を離した隙に降車した可能性は皆無とはいえないからです。

あるいは、ふとした拍子に、電車内で相手の真正面に出てしまったが、たまたま相手は眠っていたというケース。これなども、単に運がよかっただけなのです。そんなふうに運に頼った調査を続けていたら、いつか、相手を完全に見失う、その場で気づかれる、という大失敗を犯すはずです。

案外、そのあたりを履き違えた未熟な探偵は多いのです。場当たり的な、運だけに頼った営業も経営も長続きしないのと同じように、本来、運にまかせた調査などあってはいけないのです。

確かに、幸運も重要な要素ですが、大切なのは「必勝は平素の練磨から」という志です。極論すれば、尾行の失敗はすなわち、探偵としての失格を意味します。尾行の失敗は、他の探偵術の失敗よりも致命的なのです。

 

 

車はあくまで「箱」人から目を離すな!

タクシー、車の尾行は、どんな場合でも、車そのものに注意が行きがちです。そのため、思わぬ見落としをする探偵も少なくありません。たとえば、相手がタクシーを降りたのに気づかない、なんてことはよくあります。

タクシーに乗ったのだから、1区間くらいは必ず持っているだろうという先入観が失敗のもと。曲がった先が渋滞しているときなど、歩いたほうが早いかと思い直してすぐ降りる客はいくらでもいます。

釣りもレシートもいらない客であれば、ドアが開いて降りるまではあっという間です。しかも、降りた側から新たな客が乗れば、降りたようには見えないでしょう。

車は単なる移動手段にすぎません。尾行の対象はあくまでも、車のなかにいる人間。対象者がエレベーターに乗ったからといって、エレベーターだけを監視する探偵がいるでしょうか? しょせん、箱は箱です。そのことを忘れてしまうから凡ミスが起きるのです。

尾行の相手が新幹線などを利用して地方都市に向かい、その都市の私鉄や地下鉄などに乗ったらどうするか。さすがに、われわれも地方都市の鉄道事情までは熟知していません。ゆえに、初めての都市では行き当たりばったりです。しかし、とにかく相手から目を離さなければ何とかなるものです。