otomeza のすべての投稿

“痩せていても肥満”かもしれない!?

学生時代、陸上の選手だったA子さん、ここ数年間標準体重以下をキープしつづけているB子さん、2人とも肥満のニ文字は眼中にない!?

でも、昔スポーツをやっていたことと、標準体重以下であることが「肥満ではない」ことに結びつくとは限りません。肥満とは体脂肪の量が多すぎたときに、はじめて「肥満」だとか「太っている」といえるのです。

人間の体を構成する三本柱は、水分と筋肉と脂肪。いちばん多いのが水分で、体重全体の約50~60%を占めます。次いで多いのが脂肪。一般に体脂肪率は男性で15~20%、女性で20~25%程度が標準的とされています。つまり、これを上回れば、肥満に近づくことに……。

まず、昔スポーツ選手で筋肉質のA子さんの場合。たしかにいまは、学生時代に蓄えた筋肉がたっぷりあるかもしれません。ただし、スポーツをやめて筋肉を使わなければ、筋肉は確実に痩せ細り、そのぶん体脂肪が増えていくのです。体重の変動がなくとも油断対敵です。

つぎに、数年来標準体重以下をキープしているB子さん。標準体重以下でも、運動しなければ筋肉は落ちてきます。平行して、脂肪の分量が多くなっている可能性大です。見た目のスタイルや体重は同じでも、体脂肪の割合が大きければ、痩せていても太っている、いわゆる“隠れ肥満”に……。

肥満の進行が見えないからこそ、むしろ怖いのです。そして今、標準体重というベールに隠された隠れ肥満人口は意外に多いのです。詳細はこちら

セルライトに効果抜群!

たった1回で、劇的な変化を体験することができる、スリムビューティハウスの「ウルトラ骨盤ダイエット」は、セルライトに効果抜群!

☆メスを使わない脂肪吸引と呼ばれる「キャビテーション」。

☆リンパの流れを整え、ボディラインを整える「カップドレナージュ」。

☆骨盤周りの筋力を鍛える「Mキューブウェーブ」。

この3つの施術であなたの体に劇的な変化をもたらします。内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライトが気になる方にお勧めです。

ウルトラ骨盤ダイエットでは、ただ体重を減らすだけではなく、メリハリのある綺麗なボディラインに整えることを目標としたコースです。あなたの憧れる女性(モデルや女優など)に少しでも近づくためにも、本気でダイエットをしたいならスリムビューティハウスで決まりです!

以下は「ウルトラ骨盤ダイエット」を体験した方の生の声です。

○たった1回のキャビテーションで、気になっていた部分のセルライトに変化を感じました!

○部分痩せしたい人にはとても良いコースだと思います。

○興味半分・諦め半分でウルトラ骨盤ダイエットを体験してみたんですが、納得の効果が出て驚きました。

○部分的に早く脂肪を取りたい方にお勧めのコースだと思います。

○施術内容も納得ですが、カウンセリングの良さに感動しました。

ダイエットを自分だけの力で成功させるのはなかなか難しいですよね。そんな難しいダイエットだからこそ、ダイエットのプロのスリムビューティハウスで綺麗に痩せましょう。詳細はこちら

「かくれ肥満」に要注意!

見た目には太っていなくても、体脂肪率が高い人がいます。それが、「かくれ肥満」と呼ばれるものです。ですから、見た目にスリムで体重が標準値でも、油断は大敵。痩せている人にも「肥満」はいるのです。

最近の若い女性はスタイルがよく、スリムな人が増えているように見えます。しかし、意外にも「かくれ肥満」の人も目立ちます。

それは、運動不足のうえに、ご飯代わりにスナック菓子やケーキなどを食べ、栄養が偏っている人が多いからです。こういう人は、体重は増えなくても、筋肉が落ちた分、脂肪が増えて、体脂肪率はアップしているのです。「かくれ肥満」かどうかを調べるために、痩せている人も、ぜひ一度、体脂肪率を測定してみてください。

体脂肪計がない場合は、骨格や筋肉が発達し、カラダが完成した年齢(女性は18歳、男性は20歳のころ)の体重を思い出してください。そのときより体重が5キロ以上増えている人は、体重が標準値であっても「かくれ肥満」の可能性が大なのです。

すぐわかる体脂肪増加の判定方法がいくつかありますので紹介しましょう。

◇20歳前後の体重と現在の体重を比較する方法……20歳前後のころより5キロ以上増えていたら要注意。10キロ以上増えていたら、体脂肪がかなり増えている状態。

◇20歳前後のウエストと現在のウエストのサイズを比較する方法……20歳前後のころより3cm 以上増えていたら要注意。6cm 以上増えていたら、体脂肪がかなり増えている状態。

◇現在の身長とウェストから、ウエスト(cm)÷身長(cm)で割り出す方法……割り出した数値が0.5以上の人は、体脂肪がかなり増えている状態。詳細はこちら

東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれる

「ウエスト -13.8cm」「太もも -14.0cm」「ヒップ -16.4cm」これは、スリムビューティハウスの「ウルトラ骨盤ダイエット」で4ヶ月かけて落とした数字です。

ウルトラ骨盤ダイエットを体験している方の中には、これ以上の数字を叩き出している方もたくさんいます。あなたも、このような数字を叩き出してみたいと思いませんか?

スリムビューティハウスのウルトラ骨盤ダイエットは、東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれます。このコースでは、キャビテーション・Mキューブウェーブの他に、スリムビューティハウスオリジナルのカップドレナージュで徹底的に脂肪や骨盤に働きかけていきます。

スリムビューティハウスならではの施術を組み合わせたボディコースなので、ただ単に体重を落とすだけでなく、メリハリのある綺麗なボディラインができあがります。

自己流のダイエットで急激に体重を落とすと、どうしても皮膚がゆるんでしまったり、ひび割れてしまったりします。そのような状態になってしまうと、メリハリのある体へ導くのはかなり困難ですし、一度ひび割れが出来てしまうと消えることはありません。

ですから、美容のプロのチカラを借りて、体に負担をかけることなく、綺麗なボディラインを手に入れていきましょう。ウルト骨盤ダイエットなら、内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライト……。このような悩みも綺麗に解決することができます。詳細はこちら

リバウンドの原因を知ろう!

あなたがリバウンドしてしまった原因は何? 失敗しないためには、まず敵を知ることが先決です。そこでリバウンドのしくみを紹介します。リバウンドするには、それなりの訳があるのです。

いったんダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうことがあります。それは決して意思が弱いのではないのです。実は、ダイエット始めたときの意気込みが強く、最初の目標が高い人ほどリバウンドしやすいのです。

ちょっと意外な感じがしますが、ダイエットするときに「あれもこれも全部ダメ」と完璧を求めた計画を立てると、精神的にも肉体的にも無理を強いられるのです。

意気込みが強く、目標が高い人ほど、その無理が大きくなります。そんな無理な方法で痩せても、反動でドカ食いに走ったり、疲れてしまってある日突然放り出したりするのです。その結果が恐怖のリバウンド、というわけです。

一般的には、あまり無理なダイエット方法を長く続けることは不可能です。最初のうちはやる気でカバーできても、無理な計画では体がついていけません。意思に関わりなく、体が音をあげてしまうのです。目標が高ければ高いほど、意気込みが強ければ強いほど、その傾向が強いようです。

どんな方法でも、痩せれば脂肪だけではなく筋肉も落ちています。筋肉が落ちると基礎代謝も下がるため、消費エネルギーも少なめになります。

そんなときにダイエット前の食事に戻せば、エネルギー過多になって太るの当たり前です。余ったエネルギーは、脂肪として蓄積してしまいます。つまり、痩せたときがいちばん太りやすいのです。詳細はこちら

リバウンドで体脂肪が増える!?

リバウンドしてしまったとき、あなたはどうしていますか? 悲しいけれど、ダイエット前より体重が増えたわけではないし……、確かにそうです。でも、現実はもっと厳しいのです。

リバウンドは、ただ痩せた体重がもとに戻るのではなく、確実に痩せにくい体をつくることになるのです。たとえば、体重50kg の人がダイエットして47kg になったとしましょう。このとき減った3kg には、脂肪だけでなく筋肉も含まれています。ところが、リバウンドして再び50kg になったとすると、増えた3kg 分はほぼ脂肪ばかり……。

つまり、リバウンドすると、筋肉が減って脂肪が増えた分、確実に体脂肪率がアップしてしまうのです。本当のダイエットとは、単に体重を減らすのではなく、体脂肪を減らすこと。ところが、リバウンドすれば体脂肪が多くなる。それだけ、次に痩せるのが難しくなってしまうのです。

痩せたいと願う人の中には、何度もリバウンドを繰り返している人も少なくありません。体重だけにとらわれたダイエットにはご用心……。

せっかく痩せたのに……、と嘆いているあなた。ちょっと待って、もしかしたら、痩せたと思っていることそれ自体が勘違いということがあるかもしれません。

私たちの体は、約60%の水分と20%の脂質、残りの20%は15%のたんぱく質と5%のミネラル、という割合で構成されています。本来のダイエットとは、この20%に当たる体脂肪を減らすことなのですが、間違ったダイエットでは体脂肪が燃えないため、60%を占める水分だけが減ってしまうのです。いくら水分が減っても、本当に痩せたことにはならないのです。詳細はこちら

黒ずみに効くオススメクリーム

急いでネットで黒ずみに効くオススメクリームを探しました。
肘って冬の間完全にケアを忘れるパーツですよね。
ひざの黒ずみも気になるのに、ひじまでシワシワでくすんでいるなんて、最悪です。
半袖を着て正面から鏡を見ても自分では見えないけど、他人からは目につくものです。
以前、つり革につかまった女性のひじが真っ白でキレイで見惚れたことがあります。
どうしてこんなにヒジが乾燥するのか調べてみたら、ヒジ(ヒザも)は極端に皮脂腺が少ないということが関係しているそうです。
汗もかかず、皮脂が出ないとなると乾燥しやすいのは当たり前ですよね。
それと、日ごろの習慣で机や床にヒジやひざをつくことでも、刺激になって色素沈着してしまうそうです。
デスクワークで机に肘をつきっぱなしの人や、家でつい膝をついて行動してしまう人も、要注意ですね。
家で筋トレとかヨガをするときも、ひざとひじを床につくことが多いけど、やっぱりサポーターみたいなものを着けたほうがいいのかもしれませんね。
あまり机や床にあたらないようにしながら、ボディ用の美白クリームを塗ってキレイなヒジとひざになりたいです。詳細はこちら

ダイエットをするうえで適度な運動は欠かせない!

「運動は、していますか」と女性に尋ねると「とくにはしていません」という答えが圧倒的多数のようです。「運動しないで楽して痩せる」ダイエット法があふれていますが、やはりキレイに確実に痩せるためには、運動は避けて通れません。

脂肪を燃焼しようとするのではなく、基礎代謝を上げるために運動するのだと考えてください。女性は、1日の消費カロリーが1600~1800kcalであるといわれていますが、これは筋肉が多いか少ないかによってかなり違ってきます。

筋肉をつければ、基礎代謝、すなわち、じっとしているときのカロリー消費量が増えてきます。当然、脂肪は自然に落ちていきます。

とくに生活は変わっていないのに、年齢とともに太りやすくなるのは、筋肉が年々減るためです。ホルモンバランスの変化とともに、筋肉は落ちていくのです。

そのため、年をとればとるほど運動を心がけないと、太りやすくなるわけです。手っとり早く筋肉をつけるには、歩くことがいちばんです。革靴でなく、きちんとウオーキングシューズで歩かなければ意味がありません。なるべく大またで、少し息が上がるくらいの速さで歩きます。これを20分、最低週1回、できれば週2回おこないます。

ウォーキングでは、骨格を支える大きな筋肉をよく使うのですが、大きな筋肉はつきやすいので、わりと早く効果が出ます。筋肉アップだけでなく、腰痛や肩こり解消にもなって一石二鳥です。ジムなどに行かなくても、いつでもできるのがよいところです。詳細はこちら

ダイエットはカロリーを摂りすぎない!

ダイエットをするうえで、血糖の次に意識すべきは、やはりカロリーです。通常、女性は、1日に約1600~1800kcal 程度を消費します。食事からのカロリー摂取がこれを上回れば、当然余分なものは体脂肪に変わります。

油物は少量でもカロリーが高いので、やはり避けるべきです。肉の脂身、揚げもの、チーズなどは当然太りやすいものです。また、脂と炭水化物をともに多く含む菓子パンやサンドイッチには要注意です。

チーズやチョコレートの入ったデニッシュなどはカロリー満点ですし、サンドイッチはバターやマヨネーズを使いますので、野菜サンドであってもかなりの高脂肪食です。

また、肉を嫌う女性が多いようです。「肉を食べると肉がつく」というイメージからなのかも知れませんが……。肉の主成分はタンパク質です。炭水化物と脂肪は太りやすいものであって、たんぱく質は比較的太りにくいものです。

「肉などの脂っこいものは、太るから食べない」という人がよくいますが、肉が必ずしも脂っこいわけではありません。脂身の多い肉、たとえば霜降りの牛肉や豚バラ肉などは脂っこいものですが、鶏のササミ肉、豚のヒレ肉などを選べば脂は少なく、むしろ高たんぱく食ですので、太りにくくて肌にもよいのです。

肉を避けて、パンやおにぎりばかり食べる女性をよく見かけますが、ダイエットには逆行していることになります。詳細はこちら

ダイエットは血糖値を上げないようにする!

「血糖値」を知らずに痩せることはできません。しかし実際には、ダイエットにはげむ女性の多くが、この言葉を正しく理解していないようです。簡単にいうと「血糖が増えたときに脂肪がつく」のです。

食べたものは、まずは胃や腸で消化され、分解されます。分解されると、炭水化物(ご飯やパンなど)は、ブドウ糖になり、たんぱく質(肉や魚、大豆など)は、アミノ酸、脂肪(肉の脂やバター、サラダ油など)は、脂肪酸などに変わります。

そうして、血液中に吸収されていくのですが、この血液中に入ったブドウ糖が「血糖」と呼ばれ、血液中のブドウ糖の濃度を測定したものが「血糖値」です。

血糖は、すぐにエネルギーに変わりやすいので、運動すると燃焼します。しかし、使いきれなかった分は、体に蓄えられます。これが「体脂肪」になります。要するに、血糖値が高くなると、使いきれない余分な血糖が発生しますから、太りやすくなるわけです。

食事をして血糖値が上がり、それが、すぐに使われない場合は、余分な血糖を脂肪に変えるためのホルモンであるインシュリンが、すい臓から分泌されます。血糖値が急激に上がれば、インシュリンも大量に分泌されますので、脂肪がたくさんつきます。

血糖値を上げやすい食べ物といえば甘いものです。もともとが糖ですので、瞬時に血糖に変わります。反対に、血糖に変わりにくい食べ物はタンパク質です。

また、一度にたくさん食べると、血糖値が大幅に上昇しますので、「ドカ食いは太る」わけです。そこで、なるべく血糖値をあげないよう、インシュリンを出さないように意識して、食事することがダイエットの近道です。詳細はこちら