シミ取りとその原因

スキンケアや肌トラブル対策を扱う記事や雑誌では、シミ取りに関する記述が多いようです。肌にできてしまったシミを気にする女性は多いようです。色々な場面でシミ取りに関する記述を見るということは、それだけ多くの人がシミ取りについて知りたいと思っているのです。シミができる場所が、顔や腕など目に止まりやすい部位に多いためかもしれません。顔面に目立つシミがあると顔全体への印象にも関わりますので、性別に限らず気になるものです。どうしてシミはできるのでしょう。太陽光に含まれる紫外線を肌に受けると、肌は紫外線に対抗するためシミの元となるメラニン色素を作ります。太陽の光から肌を守るために生成されるメラニン色素は黒色をしており、肌を守ってくれています。通常使い終わったメラニン色素は、肌のターンオーバーを繰り返すことにより剥がれ落ちていきます。しかし、肌の潤いが足りていなかったり加齢による影響などでメラニン色素が剥がれていかず、まれに色素沈着を起こしてシミになることがあります。意に反して出来てしまったシミを取る方法ですが、シミの種類や大きさによって、違っています。レーザーによるシミ取りは、肝班という種類のシミを逆に活性化させてしまうことがあるため、違う方法が必要です。レーザーによるシミ取りが効果をあげるのは老人性色素班という加齢によってできるシミで、特に女性の目元などにできるものは上手に取ることができるといいます。