脂肪注入のメリット

安全な美容施術があるという点が、脂肪注入の優れたところです。豊胸する為には、プロテーゼパックという物を胸に入れる手術がメジャーです。プロテーゼの中身は、食塩水やシリコン、バイオジェルなどで、パック状になっています。何かの理由でこのパックが漏れてしまったり、つぶれてしまった場合、体に害がある場合があります。プロテーゼパックの中身が出る可能性は極低いですが、皆無ではありません。対して脂肪注入であれば、使う脂肪は自分のものですから、体への悪影響はありません。脂肪注入では、ボリュームアップしたい部分に脂肪を注入します。注入する脂肪は、部分麻酔などをして腿や腹部から得ます。所要時間は1時間から1時間半と短時間でできます。体に余計な負担をかけることなく、脂肪注入する事ができます。胸を大きくしたい時は、飛躍的なサイズアップをすることは困難ですが、不自然さのない施術を受けることができます。ナチュラルなバストアップが可能な点が、脂肪注入のいいところです。プロテーゼを使った豊胸手術では、見た目の違和感が少なからず残ります。着衣の状態であればまだしも、水着や薄着になると目につきます。脂肪注入は脂肪を吸引して使うので、吸引した場所のサイズダウンもできるというメリットもあります。