脂肪注入の方法について

脂肪注入をする時は患者に採取するだけの脂肪がついているかどうか、どこから脂肪を採取するか体調などもチェックします。痩せすぎの人の場合、断られる事もあります。体のチェックが終わると、胸部や顔など脂肪を注入する個所をみます。脂肪注入によってどのような状態になることを望むのかを確認しながら脂肪量を決定します。施術当日、まず注入するための脂肪を体から取り出します。この時場所によっては部分か全身の麻酔をします。体脂肪をどの程度有しているかなどで採取量も変わりますが、人によっては1から2リットルも取り出し、注入する脂肪を確保します。吸引で得た脂肪を調べて、注入することができる脂肪を選んで使います。脂肪を吸引した所は、多少たるみが気になるかもしれませんが数日すれば元に戻ります。最終的に、脂肪注入で体内に入れた脂肪のうち、6割ほどがその場に留まって効果を発揮することになります。全ての脂肪が定着することはありません。半分ほどは残りますが、残り半分の脂肪は最終的には失われます。脂肪注入手術では、半分ほどしか残らないことを加味した上で注入する脂肪の量を決定します。脂肪の定着率は、施術を担当する医師の力量にもかかっているとも言われています。多くの手術をこなしており、経験の豊富な病院で脂肪注入をしてもらうことも成否に関わります。