紫外線を防止する

長期的な視点で考えた場合、紫外線を防止することは肌のしみやしわを減らす効果があります。ほどよく焼けた肌は活発さをイメージしますが、最近では紫外線が肌に不可逆な損傷を与える可能性が重視されています。若年層でも、紫外線が肌へ及ぼす作用をできるだけ避けたいと考えている人は多いようです。若いうちは新しい細胞がどんどんできていくため、紫外線で肌が焼けてもそのためにしみやしわが増加したりはしません。とはいえ、年を取るにつれ若い頃は気にならなかったシミが増えるのは、かつて紫外線が肌の奥に作用していた時のメラニンです。地球を取りまくオゾン層が温暖化の影響で破壊され、紫外線が直接肌に降り注ぐようになっています。日焼けが原因による皮膚がんの危険性も高まっています。紫外線から肌を守るため、オーストラリアやアメリカでは子供の頃から紫外線を防止する取組をしています。皮膚がんの発生率を低下させる効果があると言われているからです。加齢による皮膚の変化を予防するアンチエイジングが、日本では関心を集めています。早いうちから紫外線を防止することは、年を取ってもシミの無い美しい肌を保つことにもつながります。基礎化粧品によるお肌のお手入れと、紫外線予防の取組を行うことで、肌を老化から守りましょう。