しわやたるみの原因

年齢と共に、しわやたるみが目立ってきていると感じる人は多いようです。しわやたるみができる背景には、どういったことがあるのでしょう。年を取るとしわがふえるのは、コラーゲンが少なくなったためにエラスチンが変容するためです。エラスチンが変性する理由に、紫外線による光老化があります。コラーゲンが紫外線によって切断されると、エラスチンを変性する酵素が増えるわけです。紫外線の影響でお肌は弾力がなくなり、しわが増えるという寸法です。紫外線によってコラーゲンやエラスチンが減っても、若い頃であればまた新しいコラーゲンやエラスチンが作られますが、年を重ねるとそれが難しくなります。たるみも、コラーゲンが少なくなったためにできます。年を取ってコラーゲンが減ったお肌は、保湿力がなくなり弾力がなくなるので、重力に引かれやすくなりたるむのです。顔をたるませないようにする機能は、顔に張り巡らされている筋肉も担っていますが、年を取ると筋肉が弱くなりたるみやすくなります。顔のベースとなっている表情筋は、顔のあらゆるところにあります。表情筋がゆるむと、顔中の皮膚がゆるむといってもいいでしょう。年齢の影響でしわやたるみが発生するメカニズムは幾つか存在します。これらのプロセスを理解することが、しわやたるみ対策に重要です。