紫外線防止効果と日焼け止めの注意点

紫外線の防止や日焼け止めの商品によく表示されているのはSPFやPAです。数値が高いほど日焼け止め効果が高いということになります。SPFの場合、一般的な日焼け止めは30前後です。小児用はSPFが小さな商品が多いため、一定時間おきにつけ直すようにしましょう。SPF50前後の、強い日焼け止め効果があるオイルも販売されており、海に行く時などを想定した商品となっています。日焼け止めクリームなどの効果は海水に洗われると流れてしまいますので、途中でつけ足すようにしましょう。PAは、+がいくつついているかで効果がわかります。PA+でも、紫外線を防ぐ効果がありますが、PA++になるとより防御効果が高くなります。PA+やPA++よりPA+++の方がより強い紫外線から肌を守ることができるとされています。紫外線の強い夏には、ぜひ活用したいものです。お肌が刺激に弱い人は、強い紫外線予防効果のあるものを使うと肌荒れの可能性があります。SPAもPAも高ければいいわけではりあません。天候や気候、時間帯によっても紫外線量は異なります。わずかな外出なら毎日SPF50の日焼け止めは無用です。季節や雲量、日光の下で活動する時間などを組み合わせ考えて日焼け止めを選んでください。肌への負荷を少なくしながら、必要な紫外線防御は施したいものです。