カテゴリー別アーカイブ: 健康

サプリメントは飲む時間で効果が違うのか

サプリメントは薬とは違って飲む時間を特に気にしなくてもさほど効果は違いはありません。
それでも、せっかくサプリメントを飲むのなら、もっとも効果的な飲み方をしたいと思うものですよね。
サプリメントの良さを引き出すために最適なタイミングがわかれば、効果を実感するのも早くなるでしょうし、飲むのも忘れにくくなります。
サプリメントによっては、飲むタイミングを意識することで有効成分を効率的に体内に取り込むことができるという商品もあります。
たとえば、美容関係のサプリメントの場合は、飲むタイミングは基本的に食事の後にすると効果が高いといわれています。
美容サプリメントの効果を最大限に引き出したい人は、就寝前の飲むのがおすすめです。
人間の肌は、約1ヶ月で細胞が入れ替わります。
これをターンオーバーというのですが、皮膚の再生は就寝中に最も盛んに行われています。
美容サプリメントを飲むタイミングをこのターンオーバーに合わせることで、美肌効果はより高くなるでしょう。
成分によってはまとまった量を一回で飲んでも体には溜め込まれず、余分は排出されるというものもあります。
1日分を朝まとめて飲むよりも、飲む時間を分けて飲んだ方が栄養素を効果的に取り入れることができます。

ビタミンCサプリメントの効果的な飲む時間帯

サプリメントは、誰もが簡単に買えるものですが、飲む時間は商品ごとに違います。
ベーシックサプリメントのビタミンCの場合、飲む時間を考えたほうが良いでしょう。
サプリメントの効果を最大限に引き出すためには、摂取した成分をいかに長く多く血液中に溶かし込んでおくことができるかが重要だからです。
ビタミンCは水溶性のビタミンなので、過剰摂取しても余分は体外への排出されてしまいます。
まとめて多く摂っても意味がない栄養成分です。
そのため、食後にサプリメントを飲む、などと決めて体内に常にビタミンC存在していることを意識して飲むことが大切です。
基本的に栄養は食べ物から摂るのが自然です。
そのため、サプリメントで栄養を補うのも食事時が自然です。
食事時の他には、朝食と昼食、あるいは昼食と夕食の間の食間にサプリメントの飲むという方法です。
摂取から吸収までのタイムラグによってビタミンCの体内濃度は摂取後約3時間で最高値となります。
食事の間隔は通常4~8時間なので、食前が最もビタミンCの濃度が低い時といえます。
食間にピタミンCを摂ることで、一定の濃度が保てます。
また、就寝前の摂取もおすすめです。
ビタミンCはコラーゲンの合成を促進したり、メラニンの合成を抑制する働きを持っています。
コラーゲンの合成には、眠っている間に分泌される成長ホルモンも関係しています。
そのため、就寝前にサプリメントを飲むと効果的なのです。

単位取得後の試験が必要なサプリメント資格

サプリメントに関する資格にはいろいろありますが、単位を取った後に試験を受ける必要があるものもあります。
健康食品管理士認定協会の健康食品管理士には、受験資格や取得資格が設けられています。
課目の免除条件には、国家資格の取得やそれに準じるものがあるという条件があります。
健康食品管理士は、資格を取った後、5年ごとに単位を取って資格を更新しなければなりません。
健康食品管理士よりも取得が難しい資格には、サプリメントアドバイザーがあります。
これは日本サプリメントアドバイザー認定機構による資格で、そう簡単に取得できません。
日本臨床栄養協会の会員もしくは学生会員であること、通信教育や講演会の研修単位が40単位取得できていることが条件となります。資格は5年ごとに更新されますが、更新の際も必要な単位を取ることと、日本臨床栄養協会の会員であることが条件となります。
栄養情報管理士は、独立行政法人国立健康・栄養研究所による資格です。
受験資格も厳しくなっています。
資格更新には単位が12個必要で、更新手続きは3年ごとにおこなわれます。
サプリメントに関する資格には色々なものがありますが、取得難易度は資格によって違います。
試験に合格しなければ取れない資格は、一部の人しか取れません。
どの資格を目指すかは、サプリメントの資格に対して何を求めるかによって違ってくるでしょう。