カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

美へそダイエットのメリット

美へそダイエットは、道具も時間もかからず手軽にできるエクササイズです。
動きも覚えやすいのでどんな人でもすぐに始めることができます。
食事量を減らさずダイエットがしたいという人や、とにかくウエストにくびれを作りたいと思っている人にはぴったりのダイエット法です。
運動が苦手でも、美へそダイエットなら続けやすいと思います。
激しい動きは必要なく、スペースもいらないので美へそダイエットなら続けられるかもしれません。
腹筋に力を入れてお腹を凹ませる感覚がつかめたら、歯磨き中や電車で立っている時など、日常生活の中でもちょっとしたタイミングで実践できるのが美へそダイエットのメリットです。
ダイエット効果があらわれたら、お腹が引き締まってプロポーションが整うだけでなく、腹筋が強化された便秘体質が改善します。ダイエット成功のためには、代謝を高めて便秘を解消することは不可欠です。
美へそダイエットによって便秘解消すれば、デトックスになり美肌効果にも期待できます。
腹筋に力を入れてみるわかりますが、普段姿勢が悪いと、腹筋に力が入りません。常に腹筋を意識して生活するのは、姿勢を良くすることにつながるので見た目もずっと痩せて見えるし体型もスッキリしてきます。
腰痛や肩こりも改善し、身体の歪みも解消して凛とした印象になるので、姿勢の悪さが気になる人もぜひ美へそダイエットに取り組んでみましょう。

美へそダイエットの方法

美へそダイエットのやり方はシンプルで簡単です。
まずは自然な姿勢でまっすぐに立ち、ウエストのサイズを計測しましょう。
その次に、お腹に力を入れて限界までへこませた状態でのウエストサイズを計測します。
この数値の差が「おへそ力」で、これがダイエット方法を決める時の目安になります。
おへそ力のレベルによって初級、中級、上級に分かれるのが美へそダイエットの特徴です。
2つの数値の差が0~3センチは初級、4~6センチは中級、7センチ以上は上級です。
初級は、床に四つんばいになって肘と膝を両方床につける体勢でおこないます。
自分のお腹を見ながら、ゆっくりとお腹を引き締めていき、限界までへこませたら元の状態に戻します。
5回ワンセットで、5回目は限界まで引っ込めたまま10秒~30秒息を止めずにカウントします。
この動作を毎日1セット行うのが美へそダイエット初級編です。
中級や上級も基本的な動作は同じですが、運動をおこなう体勢が異なります。
中級は、ひじを床につけて足は伸ばしてももを床につける、上級は、上半身はそのままで、足を伸ばした状態でおこないます。
中級、上級になるほど体に負荷がかかるので、5回目でキープするのがキツくなります。

美へそダイエットをご存知ですか

最近人気のダイエット法に、美へそダイエットというものがあります。
聞いただけではイメージしにくいかもしれませんが、おへそにポイントがあることは想像がつくとおもいます。
美脚や美尻というと聞き慣れていても、美へそという言葉は聞き慣れない人が多いでしょう。
美へそダイエットでは、へそ自体の美しさを表現したものではなく、お腹をグーッとへこませることでへその形状が小さくなることからその名前がついたといわれています。
下腹部に力を入れるダイエットといえば腹筋運動を思い浮かべると思いますが、美へそダイエットは腹筋をするわけではなく、お腹の筋肉に思い切り力を入れて脂肪を減らすダイエットです。
美容のためにダイエットをする場合、腹筋ばかりしてもあまり効果が実感できないように思う人が多いと思います。
お腹だけ痩せたいわけではないし、割れた腹筋を望んでいるわけでもないという女性は多いと思います。
女性の場合は特に、美しい丸みのある体をキープしたままでウエストを細くしたいものです。
美へそダイエットは、女性らしいボディラインを維持しながらポッコリお腹を凹ませることができます。
キレイに痩せたい、スタイル良くなりたいと思っている女性には最適なダイエット方法といえるでしょう。

漢方ダイエットの始め方

漢方ダイエットを仕様と思ったら、まずは身近に漢方薬局を見つける事からはじめることにしましょう。
最近は多くの店で漢方薬を販売していて、店の大きさや規模は様々です。
漢方ダイエットに成功するには、良い漢方薬局との出会いが重要なポイントになります。
漢方を売るお店を見つけても、店員が漢方のエキスパートであるとは限りません。
漢方薬はその他の薬と性質や知識のジャンルが異なるので、薬剤師なら誰もが漢方に精通しているというわけではないのです。
ダイエット用の漢方を使う場合は特に、相談に乗ってくれる漢方のエキスパートに出会うことが大きなポイントになります。
客の事情をしっかりと聞き取り、適切な漢方を処方してくれる漢方薬局を見つけたいものですね。
漢方薬局では、利用者が普段の生活習慣や体質について詳細に語り、適切な漢方を調合してもらうのが一般的です。客が話しやすく信頼できるような薬局であることが大切です。
ダイエットに限らず、はじめて漢方を利用する場合にはいろいろな質問や不安もあると思います。
その質問や不安をしっかりと受け止めて解消してくれる親切な店を探しましょう。
漢方薬ダイエットは、即効性のある方法ではありません。数カ月から半年以上は続けてみましょう。
変化が緩やかな分、リバウンドのリスクが少なく健康的なので自然なダイエットをしたい人にはおすすめです。

漢方ダイエットの基本

漢方を使用するダイエットでは、水、気、血の3つが体内で調和しているかどうかをポイントにして考えられます。血と水に関しては人間の体内に確かに存在するものですが、気というのは何を指すのでしょうか。
中国漢方では、筋肉のことを気というそうです。
適度な筋肉が付いていないと、食べたものを燃やしてエネルギーにすることはできません。筋肉が不足している状態では、エネルギーを作る力が弱まるので疲労回復が困難になり、脂肪が燃えにくい体質になります。
血のバランスが乱れると、血流が滞って血栓が起こりやすくなり、血中の脂肪が増えます。
水のバランスが乱れると、むくみや水分代謝の低下によってダイエット効果が出にくい体になります。
どのような漢方にダイエット効果が期待できるかを判断するためには、水と血と気の状態を知る必要があります。
これら3つのバランスを整えるために必要な漢方を服用することからはじめるのです。
水、気、血のバランスに偏りがなく、いずれも正常に機能していることが漢方では重要なのです。
水と血と気のバランスが良ければ、摂取した食事はエネルギーとして消費されますし水や血は体内を循環して健康を維持することが可能です。
漢方の知識を取り入れたダイエットでは、体質に合ったダイエットが実践できるので、空腹に耐えたり苦しい運動をする必要はありません。

漢方とダイエット

ダイエットのために漢方を利用する人も多いようです。
生活が不規則になったり、食事の栄養バランスが悪くなると太りやすくなります。
日々忙しく、ダイエットのために時間を取ることが難しい人もいるでしょう。
ダイエットを継続することが難しいという人にぴったりなのが、漢方を利用したダイエットなのです。
ダイエットにはいろいろな方法があり、一日のうち1回~2回の食事をダイエット食品や決まった食材に置き換える置き換えダイエット、食事や体重を記録するだけのダイエット、カロリー計算、運動などいろいろなダイエットに取り組んでいる人がいます。
漢方を取り入れたダイエットでは、食事制限や運動はしません。
漢方薬を飲む事で、痩せやすい体質に変えていくのが目的なのです。漢方薬ダイエットはやせ薬を飲んで痩せるようなものとは全く違います。どのような漢方薬が適しているかは、その人の脂肪のつき方や体の具合によって異なります。体のバランスを整えて、めぐりがよく痩せやすい体質を作るのが漢方薬ダイエットです。
中国漢方の考え方では、筋肉と脂肪、水分の相関関係に基づいて、太っているか痩せているかを見極めます。
身長と体重のような外見的な見方ではなく、バランスを整えて健康的に痩せるよう体質改善をおこなうのです。
脂肪の増え方、ストレス、体質、生活習慣などを診断して、使用する漢方を決めるのが漢方ダイエットの特徴です。

顔が痩せる方法で小顔に

小顔だと全身のバランスも良く見えて、今よりもずっと美しく可愛くなれると考える人はたくさんいます。
顔は、他の部分に比べて脂肪の量が少なく、骨格や歯並びにも影響を受けます。
ある程度痩せた後にさらなるダイエット効果を期待するのは難しいのが顔なのです。
もともとあごの骨が小さい場合は顔が小さく見えます。エラが張っていると顔も四角っぽく見えます。
やはり骨の影響はかなり大きいようですね。最近は小顔に憧れる人が増えているので、小顔になることを目的とした顔痩せ方法が次々に考え出されています。
顔がむくんで大きく見えていたり、顔に皮下脂肪が多い人もいます。顔のマッサージをすることで、顔の脂肪を代謝させる方法は広く知られています。また、目や口元の筋肉を動かすエクササイズをすることで、顔の筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させる方法も人気です。顔にはたくさんの筋肉があるので、表情筋を動かすことで顔のシェイプアップが可能です。
日本人はあまり表情を変えずに話したり、口を大きく動かさずに声を出すことも多いので、表情筋が衰えやすいそうです。意識しないとほとんど表情筋を動かさないこともあるといいます。
顔の筋肉を意識して動かすと、むくみやシワの予防になります。顔痩せするためには、マッサージでリンパの流れを良くしたり、表情筋を動かすエクササイズが効果的なようです。

顔が痩せる人痩せない人

顔痩せしたいけど、なかなか思うように痩せないという話をよく聞きます。
蓄積されている脂肪を燃焼させて減量する方法にはいろいろなものがありますが、顔だけ痩せる方法というのはあまり聞きません。
人によっては体重が減ったら顔も小さくなったということもあります。肥満体型で顔にもたっぷり脂肪がある場合、全体の脂肪を減らせば自然に顔も痩せるでしょう。体脂肪を燃焼させる運動や食事制限によって顔の脂肪も減るからです。しかし、顔にそれほど脂肪がついていない場合、運動で脂肪を燃焼させても顔がシャープになるのは難しいでしょう。顔を小さくするためには、顔のお肉を集中的に落とすためのダイエットメニューを実践する必要があります。どのくらい顔痩せすることができるのか2週間~1カ月程度試してみてください。
顔の大きさは、骨の大きさの影響を受けます。頭蓋骨やあごの骨、歯並びなどの状態によって顔の形状は大きく影響を受けるものです。骨のサイズ以上に顔を小さくすることは無理ですが、脂肪や筋肉の状態は変えることができます。骨や歯並びによって顔の形も変化しますので、同じことをしても誰もが同じような小顔になることはありません。エラが気になる人もいると思いますが、これは顎の骨の形によって決まるのでマッサージやエクササイズで小さくするには限界があります。自分の顔をしっかり観察し、脂肪と骨格を良く知ることで小さくなったときの顔をイメージしましょう。

顔が痩せる方法

顔痩せの方法について考えてみましょう。
全身を引き締めて体重を減らしたりサイズダインをするためには、食事制限や運動を中心にしたダイエットを行うのが効果的です。ただし、顔だけ痩せるというのは意外と大変なのです。脂肪が多い下腹部やお尻、ウエストまわりは、カロリー制限や有酸素運動によるダイエットで脂肪が燃焼され、引き締まります。栄養バランスの取れたヘルシーな食事と、体に負担にならない程度の運動だけで痩せることはできるのです。
それでも、顔の脂肪はなかなか落ちません。細い体と同様、小さな小顔に憧れる女性は多いものです。
顔は、ほかの部分と比べると皮下脂肪が少ないこともあり、普通のダイエットでなかなか効果が出ないのが一般的な意見です。顔を小さくするためには、小顔法を調べたり、専門の施術を受けるなどの特別な取り組みが必要となります。
最近は顔痩せに効果のあるマッサージや顔筋エクササイズなども人気です。顔痩せの方法はいろいろあるので、自分に合ったものを探してみるのもいいでしょう。体が痩せる方法と顔痩せの方法は一致するとは限りません。顔痩せと体痩せ、別の取り組みを同時におこなうことで、小顔とスリムな体を手に入れることができるでしょう。

杜仲茶ダイエットを続けるコツ

杜仲茶ダイエットをする場合、1日に飲む量の目安は2リットルとされています。
1日にどのくらいの水分をとっているかわからないという人は少なくありません。2リットルのペットボトルを想像すると、こんなにたくさん飲めるわけないと思ってしまいがちです。
独特なクセのある杜仲茶は、人によっては苦手で飲み続けるのが困難なこともあるようです。
煮出すタイプの杜仲茶の場合、飲みやすいと感じるくらいの薄さにして飲んでみると良いでしょう。
薄めた杜仲茶でも、続けやすいならそれで構いません。だんだんと杜仲茶の味に馴染んでいってから濃い杜仲茶を飲むのでもOKです。メーカーによって杜仲茶の味が違うので、いろいろなメーカーの杜仲茶を比べて飲みやすい物を探すのもおすすめです。どのダイエット方法でも、継続するためには好みや環境に合わせることが大切です。
杜仲茶は、ホットでもアイスでも効果に違いはありません。苦味が気になる場合は冷やすと飲みやすくなります。
ダイエット効果が出るまでの期間には個人差があるので、大量に飲むほどすぐ痩せると思わず、気長に続けることを心がけましょう。生活習慣や食生活、体質も考慮してコツコツ続けるのがポイントです。
杜仲茶の味に慣れて、毎日飲むことが習慣になれば、まったく苦も無く続けられるダイエットとなるでしょう。