カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

“痩せていても肥満”かもしれない!?

学生時代、陸上の選手だったA子さん、ここ数年間標準体重以下をキープしつづけているB子さん、2人とも肥満のニ文字は眼中にない!?

でも、昔スポーツをやっていたことと、標準体重以下であることが「肥満ではない」ことに結びつくとは限りません。肥満とは体脂肪の量が多すぎたときに、はじめて「肥満」だとか「太っている」といえるのです。

人間の体を構成する三本柱は、水分と筋肉と脂肪。いちばん多いのが水分で、体重全体の約50~60%を占めます。次いで多いのが脂肪。一般に体脂肪率は男性で15~20%、女性で20~25%程度が標準的とされています。つまり、これを上回れば、肥満に近づくことに……。

まず、昔スポーツ選手で筋肉質のA子さんの場合。たしかにいまは、学生時代に蓄えた筋肉がたっぷりあるかもしれません。ただし、スポーツをやめて筋肉を使わなければ、筋肉は確実に痩せ細り、そのぶん体脂肪が増えていくのです。体重の変動がなくとも油断対敵です。

つぎに、数年来標準体重以下をキープしているB子さん。標準体重以下でも、運動しなければ筋肉は落ちてきます。平行して、脂肪の分量が多くなっている可能性大です。見た目のスタイルや体重は同じでも、体脂肪の割合が大きければ、痩せていても太っている、いわゆる“隠れ肥満”に……。

肥満の進行が見えないからこそ、むしろ怖いのです。そして今、標準体重というベールに隠された隠れ肥満人口は意外に多いのです。詳細はこちら

内ももダイエットの方法

内ももダイエットにはいくつかの方法がありますが、どれも手軽なので太もも痩せしたい人はぜひ取り入れてみてください。
女性にとって美容と健康は常に注目のテーマであり、中でも高い関心を集めるダイエットの方法については、いろいろな方法があらわれては消えていきます。
数あるダイエット方法の中でも、部分痩せに関しては特に多くの女性が関心を持っていると思います。
女性向けの美容雑誌やファッション雑誌などでは、毎号のように内ももダイエット、二の腕ダイエット、小顔ダイエットなどの部分痩せエクササイズやダイエット法が特集されています。
内ももダイエットの方法で人気があるのは座ったままできるエクササイズです。
仕事の合間に手軽にできる簡単な方法で、即効性もあるので多くの人が実践しています。
内ももダイエットを続けると、骨盤のゆがみが取れるので、肩こりや腰痛の解消など骨盤矯正によって得られる多くのメリットがあります。
すぐにでも始められるのは、内ももを持ちあげて座ったまま足踏みをする、という方法です。
背筋を伸ばして椅子に深めに座り、内ももに手を入れて、気になるぜい肉を手でグッと持ち上げます。
このとき、足に力を入れて膝をつけるようにしましょう。
足を閉じて太ももに力を入れたまま足踏み運動をゆっくり続けます。
内ももを意識しながら1日1回、10分くらいこの運動をおこなうと、内腿の脂肪が取れてサイズダウンします。
普段から歩くときは姿勢を良くして、常に内ももを意識することも大切です。
階段をのぼる時には、ややガニ股気味にすると、内ももが刺激されてダイエット効果があります。
内ももの脂肪が取れるとお尻があがって見えて下半身全体がスッキリして見えます。
簡単な運動と、常に姿勢を意識することで内ももダイエットを成功させましょう。

内もものダイエット

内ももダイエットはどのようにすれば効果が出るのでしょうか。
足全体のダイエットは、多くの女性の関心を集めています。
中でも内ももは、どうしたら痩せるのかわからないという人が多い部分です。
食事制限や運動を続けることで痩せるということはわかっているのに、なかなか成功しないのがダイエットというもの。
いつも途中で挫折してしまうという人は、精神的ストレスの大きい食事制限に耐えられなくなるからではないでしょうか。
ダイエットは、女性にとって常に気になるテーマだと思いますが、特に注目されているのが気になる部分だけを集中して細くする部分痩せダイエットです。
二の腕や太ももはなかなか痩せないだけに悩んでいる人は多いと思います。
特に内ももダイエットは難しいですね。
下半身は、お尻がたれてきたり、太ももが横に張りだすことによって全体的に太く見える部分です。
内ももダイエットにはいくつかの方法がありますが、座ったまま出来る方法は簡単で誰でもできるので人気です。
地味に見える運動でも、毎日欠かさず続けることで、サイズダウンできることはあります。
内ももが引き締まると脚全体が細く長く見えるので、立ち姿や歩く姿、洋服を着た時のシルエットもきれいに見えるようになります。
ただし、ダイエットに成功しても内ももは油断するとすぐにぜい肉が付いてしまうので、理想のサイズになっても簡単な運動は継続したほうが良いでしょう。
部分痩せダイエットについては、インターネットや健康雑誌、美容雑誌などでも詳しい情報を得られるので、興味のある人は自分に合った方法を探して実践してみると良いでしょう。

太ももダイエットと基礎代謝率のアップ

太ももダイエットと基礎代謝率のアップには深いかかわりがあります。
ダイエットに成功するためには、この二つの関係について知っておいたほうが良いかもしれません。
太ももダイエットの効果を上げるためには、基礎代謝をアップすることが大切です。
逆に、太ももダイエットになかなか成功しない人は、基礎代謝が低下していることが考えられます。
基礎代謝の低下の原因は、加齢、運動不足、冷え性、慢性的な便秘などです、
基礎代謝が下がると、汗があまり出なくなり、体内の老廃物がスムーズに排出されなくなるためダイエットの効果が出にくい体質になるそうです。
太ももダイエットに成功するためには、まずは全身の基礎代謝率を上げることを意識しましょう。
基礎代謝率を上げる効果のある食材やサプリメントと、脚やせ効果のある運動を上手に組み合わせておこなうことが太ももダイエット成功への近道です。
もちろん普段の食事内容にも気を配ることは大切です。
体を温めるメニューを積極的に取り入れ、運動の時はこまめに水分補給をしましょう。
太ももダイエットをするためには、むくみは大敵です。
長時間同じ姿勢で過ごすことが多い人は、夕方になるとどうしても足がむくんでしまうと思います。
血行やリンパの流れが滞ると足はむくみ、放置するとそのまま足が太くなってしまいます。
足のむくみ解消のためには、半身浴が効果的です。
湯船につかって足首から太ももに向かってリンパマッサージをおこなうと、太ももの血流やリンパの巡りが良くなり、スッキリします。

セルライトに効果抜群!

たった1回で、劇的な変化を体験することができる、スリムビューティハウスの「ウルトラ骨盤ダイエット」は、セルライトに効果抜群!

☆メスを使わない脂肪吸引と呼ばれる「キャビテーション」。

☆リンパの流れを整え、ボディラインを整える「カップドレナージュ」。

☆骨盤周りの筋力を鍛える「Mキューブウェーブ」。

この3つの施術であなたの体に劇的な変化をもたらします。内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライトが気になる方にお勧めです。

ウルトラ骨盤ダイエットでは、ただ体重を減らすだけではなく、メリハリのある綺麗なボディラインに整えることを目標としたコースです。あなたの憧れる女性(モデルや女優など)に少しでも近づくためにも、本気でダイエットをしたいならスリムビューティハウスで決まりです!

以下は「ウルトラ骨盤ダイエット」を体験した方の生の声です。

○たった1回のキャビテーションで、気になっていた部分のセルライトに変化を感じました!

○部分痩せしたい人にはとても良いコースだと思います。

○興味半分・諦め半分でウルトラ骨盤ダイエットを体験してみたんですが、納得の効果が出て驚きました。

○部分的に早く脂肪を取りたい方にお勧めのコースだと思います。

○施術内容も納得ですが、カウンセリングの良さに感動しました。

ダイエットを自分だけの力で成功させるのはなかなか難しいですよね。そんな難しいダイエットだからこそ、ダイエットのプロのスリムビューティハウスで綺麗に痩せましょう。詳細はこちら

「かくれ肥満」に要注意!

見た目には太っていなくても、体脂肪率が高い人がいます。それが、「かくれ肥満」と呼ばれるものです。ですから、見た目にスリムで体重が標準値でも、油断は大敵。痩せている人にも「肥満」はいるのです。

最近の若い女性はスタイルがよく、スリムな人が増えているように見えます。しかし、意外にも「かくれ肥満」の人も目立ちます。

それは、運動不足のうえに、ご飯代わりにスナック菓子やケーキなどを食べ、栄養が偏っている人が多いからです。こういう人は、体重は増えなくても、筋肉が落ちた分、脂肪が増えて、体脂肪率はアップしているのです。「かくれ肥満」かどうかを調べるために、痩せている人も、ぜひ一度、体脂肪率を測定してみてください。

体脂肪計がない場合は、骨格や筋肉が発達し、カラダが完成した年齢(女性は18歳、男性は20歳のころ)の体重を思い出してください。そのときより体重が5キロ以上増えている人は、体重が標準値であっても「かくれ肥満」の可能性が大なのです。

すぐわかる体脂肪増加の判定方法がいくつかありますので紹介しましょう。

◇20歳前後の体重と現在の体重を比較する方法……20歳前後のころより5キロ以上増えていたら要注意。10キロ以上増えていたら、体脂肪がかなり増えている状態。

◇20歳前後のウエストと現在のウエストのサイズを比較する方法……20歳前後のころより3cm 以上増えていたら要注意。6cm 以上増えていたら、体脂肪がかなり増えている状態。

◇現在の身長とウェストから、ウエスト(cm)÷身長(cm)で割り出す方法……割り出した数値が0.5以上の人は、体脂肪がかなり増えている状態。詳細はこちら

東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれる

「ウエスト -13.8cm」「太もも -14.0cm」「ヒップ -16.4cm」これは、スリムビューティハウスの「ウルトラ骨盤ダイエット」で4ヶ月かけて落とした数字です。

ウルトラ骨盤ダイエットを体験している方の中には、これ以上の数字を叩き出している方もたくさんいます。あなたも、このような数字を叩き出してみたいと思いませんか?

スリムビューティハウスのウルトラ骨盤ダイエットは、東洋美容であなたの美しさを目覚めさせてくれます。このコースでは、キャビテーション・Mキューブウェーブの他に、スリムビューティハウスオリジナルのカップドレナージュで徹底的に脂肪や骨盤に働きかけていきます。

スリムビューティハウスならではの施術を組み合わせたボディコースなので、ただ単に体重を落とすだけでなく、メリハリのある綺麗なボディラインができあがります。

自己流のダイエットで急激に体重を落とすと、どうしても皮膚がゆるんでしまったり、ひび割れてしまったりします。そのような状態になってしまうと、メリハリのある体へ導くのはかなり困難ですし、一度ひび割れが出来てしまうと消えることはありません。

ですから、美容のプロのチカラを借りて、体に負担をかけることなく、綺麗なボディラインを手に入れていきましょう。ウルト骨盤ダイエットなら、内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライト……。このような悩みも綺麗に解決することができます。詳細はこちら

リバウンドの原因を知ろう!

あなたがリバウンドしてしまった原因は何? 失敗しないためには、まず敵を知ることが先決です。そこでリバウンドのしくみを紹介します。リバウンドするには、それなりの訳があるのです。

いったんダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうことがあります。それは決して意思が弱いのではないのです。実は、ダイエット始めたときの意気込みが強く、最初の目標が高い人ほどリバウンドしやすいのです。

ちょっと意外な感じがしますが、ダイエットするときに「あれもこれも全部ダメ」と完璧を求めた計画を立てると、精神的にも肉体的にも無理を強いられるのです。

意気込みが強く、目標が高い人ほど、その無理が大きくなります。そんな無理な方法で痩せても、反動でドカ食いに走ったり、疲れてしまってある日突然放り出したりするのです。その結果が恐怖のリバウンド、というわけです。

一般的には、あまり無理なダイエット方法を長く続けることは不可能です。最初のうちはやる気でカバーできても、無理な計画では体がついていけません。意思に関わりなく、体が音をあげてしまうのです。目標が高ければ高いほど、意気込みが強ければ強いほど、その傾向が強いようです。

どんな方法でも、痩せれば脂肪だけではなく筋肉も落ちています。筋肉が落ちると基礎代謝も下がるため、消費エネルギーも少なめになります。

そんなときにダイエット前の食事に戻せば、エネルギー過多になって太るの当たり前です。余ったエネルギーは、脂肪として蓄積してしまいます。つまり、痩せたときがいちばん太りやすいのです。詳細はこちら

リバウンドで体脂肪が増える!?

リバウンドしてしまったとき、あなたはどうしていますか? 悲しいけれど、ダイエット前より体重が増えたわけではないし……、確かにそうです。でも、現実はもっと厳しいのです。

リバウンドは、ただ痩せた体重がもとに戻るのではなく、確実に痩せにくい体をつくることになるのです。たとえば、体重50kg の人がダイエットして47kg になったとしましょう。このとき減った3kg には、脂肪だけでなく筋肉も含まれています。ところが、リバウンドして再び50kg になったとすると、増えた3kg 分はほぼ脂肪ばかり……。

つまり、リバウンドすると、筋肉が減って脂肪が増えた分、確実に体脂肪率がアップしてしまうのです。本当のダイエットとは、単に体重を減らすのではなく、体脂肪を減らすこと。ところが、リバウンドすれば体脂肪が多くなる。それだけ、次に痩せるのが難しくなってしまうのです。

痩せたいと願う人の中には、何度もリバウンドを繰り返している人も少なくありません。体重だけにとらわれたダイエットにはご用心……。

せっかく痩せたのに……、と嘆いているあなた。ちょっと待って、もしかしたら、痩せたと思っていることそれ自体が勘違いということがあるかもしれません。

私たちの体は、約60%の水分と20%の脂質、残りの20%は15%のたんぱく質と5%のミネラル、という割合で構成されています。本来のダイエットとは、この20%に当たる体脂肪を減らすことなのですが、間違ったダイエットでは体脂肪が燃えないため、60%を占める水分だけが減ってしまうのです。いくら水分が減っても、本当に痩せたことにはならないのです。詳細はこちら

ダイエットをするうえで適度な運動は欠かせない!

「運動は、していますか」と女性に尋ねると「とくにはしていません」という答えが圧倒的多数のようです。「運動しないで楽して痩せる」ダイエット法があふれていますが、やはりキレイに確実に痩せるためには、運動は避けて通れません。

脂肪を燃焼しようとするのではなく、基礎代謝を上げるために運動するのだと考えてください。女性は、1日の消費カロリーが1600~1800kcalであるといわれていますが、これは筋肉が多いか少ないかによってかなり違ってきます。

筋肉をつければ、基礎代謝、すなわち、じっとしているときのカロリー消費量が増えてきます。当然、脂肪は自然に落ちていきます。

とくに生活は変わっていないのに、年齢とともに太りやすくなるのは、筋肉が年々減るためです。ホルモンバランスの変化とともに、筋肉は落ちていくのです。

そのため、年をとればとるほど運動を心がけないと、太りやすくなるわけです。手っとり早く筋肉をつけるには、歩くことがいちばんです。革靴でなく、きちんとウオーキングシューズで歩かなければ意味がありません。なるべく大またで、少し息が上がるくらいの速さで歩きます。これを20分、最低週1回、できれば週2回おこないます。

ウォーキングでは、骨格を支える大きな筋肉をよく使うのですが、大きな筋肉はつきやすいので、わりと早く効果が出ます。筋肉アップだけでなく、腰痛や肩こり解消にもなって一石二鳥です。ジムなどに行かなくても、いつでもできるのがよいところです。詳細はこちら