ヤミ金の取り立てが兄弟に

皆さんは、テレビの特集でヤミ金の取り立てについて放送しているのを見たことがありますでしょうか。だいたいの内容が口汚くののしっていたり、脅迫とも取れるような返済の催促であったと思います。

このヤミ金は、このように取り立ての方法が手段を選ばないものとして知られており、その業務内容自体も、通常の消費者金融や金融機関といった融資を受け付けているものと違い非合法であるとされています。

こと取り立てに関しては、債務者だけに及べばまだマシと言えるのですが、問題はこのヤミ金が債務者だけからの取り立てを想定しているのではなく、その近親者からの取り立てや嫌がらせとして職場にまで影響を及ぼすような手段も辞さないため、債務者への電話に留まっているうちに早急な対処が必要と言えます。

しかし、この債務者への電話を無視すると次は近親者へとターゲットが移ります。そうなると親兄弟に至るまで取り立ての電話がかかるようになり、子供がいる方は子供にまで影響が及ぶこともあったそうです。

更にエスカレートすれば近親者への取り立ての電話だけでなく、職場にもヤミ金と名乗った上で嫌がらせの電話までされることもあります。お金を借りなければならなかった事情は人それぞれです。法外な利子や、貸付は法律を犯しています。法にのっとって対応できるように理解ある弁護士事務所に相談をしましょう。