押し貸しされた借金を返せと迫られているが…

∇返したはずのヤミ金業者から、借金を返せと督促がきました。もう返したと断ると、先週貸した分だといいます。調べると、確かに私の銀行口座に5万円が振り込まれていました。頼んでもいないのに……。勝手に入金されても借金したことになるのですか? 

なりません。むしろ、このような業者の融資行為は押し貸しで、過剰貸付や不正な貸付を禁じた貸金業法に違反していると考えられます。借金も契約(金銭消費貸借契約という)ですから、借主(債務者)と貸主(債権者)の「借りる」「貸す」という意志の合致が必要です。

しかし、押し貸しは借主(被害者)の意志とは無関係に、業者が一方的にお金を押し付けるものですから、いくら銀行口座に入金があったとはいっても、それだけでは契約は成立せず、借金したことにはなりません。

この押し貸しは、そもそもヤミ金業者から借金したわけではない(金銭消費貸借契約は成立していない)ので、業者に利息を払う必要はありません。ただ、だからといって、押し貸しされたお金を使ってしまっていいということではないのです。

あなたの場合、知らぬ間に5万円が振り込まれていたそうですが、それにより、あなたの入金が増えたのは事実で、あなたは法律上の原因がないのに、他人(ヤミ金業者)の財産で5万円の利益を得たことになります。

一方のヤミ金業者はそれにより5万円の損失を生じたことになります。このようにして得た利益を不当利得といい、法律上、あなたはヤミ金業者にその利益を返還しなければなりません。押し貸しに気づいた場合、そのお金には手をつけないことです。ヤミ金業者に戻せるよう、口座にそのまま残しておくといいでしょう。