聞き込みは下見なしでは始まらない

尾行と張り込みの次に重要な探偵術、それが「聞き込み」です。聞き込みには、張り込み・尾行を繰り返したあとに初めて行なうのが鉄則です。聞き込みから調査を始めると、周囲の人に警戒心が起こり、張り込みがやりにくくなります。第一、訊いた人に顔を覚えられてしまいます。

さらに「直調」を避ける、という前提もあります。直調とは、調査対象者本人にじかに会って、調査内容そのものを聴くことです。もちろん、架空の話をつくったりして、本人に直接当たる例外もあるので「できるだけ直調を避ける」というのが適切でしょう。

実際の聞き込みでは、いきなり無造作に見ず知らずの人にあたることはありません。まずは、聞き込みに行く場所の下見から始めます。周囲の地理地形、環境、つまりは土地の性格を把握することです。

それによって、聞き込みに行く時間帯、服装などが決まります。さらに、張り込みと同様、相手に不審に思われず、正体を知らせないための架空のストーリーをつくっておきます。

下見の成功率は、依頼を受けたとき、いかに多くの情報を得られるかにかかっています。その情報を軽視すると、聞き込みはもちろん、尾行・張り込みの成功率も低くなります。

また、聞き込み調査が終了したら「裏付け」をとります。聞き込み調査で得られた情報は、すべて「未確認情報」です。これを「確認情報」にするために裏をとるのです。