顔が痩せる方法で小顔に

小顔だと全身のバランスも良く見えて、今よりもずっと美しく可愛くなれると考える人はたくさんいます。
顔は、他の部分に比べて脂肪の量が少なく、骨格や歯並びにも影響を受けます。
ある程度痩せた後にさらなるダイエット効果を期待するのは難しいのが顔なのです。
もともとあごの骨が小さい場合は顔が小さく見えます。エラが張っていると顔も四角っぽく見えます。
やはり骨の影響はかなり大きいようですね。最近は小顔に憧れる人が増えているので、小顔になることを目的とした顔痩せ方法が次々に考え出されています。
顔がむくんで大きく見えていたり、顔に皮下脂肪が多い人もいます。顔のマッサージをすることで、顔の脂肪を代謝させる方法は広く知られています。また、目や口元の筋肉を動かすエクササイズをすることで、顔の筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させる方法も人気です。顔にはたくさんの筋肉があるので、表情筋を動かすことで顔のシェイプアップが可能です。
日本人はあまり表情を変えずに話したり、口を大きく動かさずに声を出すことも多いので、表情筋が衰えやすいそうです。意識しないとほとんど表情筋を動かさないこともあるといいます。
顔の筋肉を意識して動かすと、むくみやシワの予防になります。顔痩せするためには、マッサージでリンパの流れを良くしたり、表情筋を動かすエクササイズが効果的なようです。