漢方ダイエットの基本

漢方を使用するダイエットでは、水、気、血の3つが体内で調和しているかどうかをポイントにして考えられます。血と水に関しては人間の体内に確かに存在するものですが、気というのは何を指すのでしょうか。
中国漢方では、筋肉のことを気というそうです。
適度な筋肉が付いていないと、食べたものを燃やしてエネルギーにすることはできません。筋肉が不足している状態では、エネルギーを作る力が弱まるので疲労回復が困難になり、脂肪が燃えにくい体質になります。
血のバランスが乱れると、血流が滞って血栓が起こりやすくなり、血中の脂肪が増えます。
水のバランスが乱れると、むくみや水分代謝の低下によってダイエット効果が出にくい体になります。
どのような漢方にダイエット効果が期待できるかを判断するためには、水と血と気の状態を知る必要があります。
これら3つのバランスを整えるために必要な漢方を服用することからはじめるのです。
水、気、血のバランスに偏りがなく、いずれも正常に機能していることが漢方では重要なのです。
水と血と気のバランスが良ければ、摂取した食事はエネルギーとして消費されますし水や血は体内を循環して健康を維持することが可能です。
漢方の知識を取り入れたダイエットでは、体質に合ったダイエットが実践できるので、空腹に耐えたり苦しい運動をする必要はありません。