ローンをシュミレーションする際の注意点

ローンを申込みむ前には、返済シュミレーションをしておくと返済のプランが立てやすくなります。シュミレーションは、インターネットのシュミレーションページを使うと簡単にできます。借り入れ予定額と返済期間などを入力するだけでOKです。
大体の支払い金額がわかるので、ローンを組む時の目安になります。
シュミレーションする前に、把握しておきたいのは、返済日がずれるということです。
カードローンやキャッシングの返済日は、金融会社の営業日外などにズレることがあります。
クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用している人もたくさんいます。
10日後に返済する予定にしていても、口座引落の日があらかじめ設定されているので、実際に返済するのは翌月になるということもあります。
そうなると、シュミレーションページで細かくチェックしていても、その金額は実際の請求金額とは違ってしまいます。
住宅ローンなど、高額で長期的に返済するローンに関しては、どれだけ入念にシュミレーションをしても、頭金や一括返済、金利の変動などの要因で計算しづらいものです。
固定金利か変動金利かによっても、住宅ローンの返済シュミレーションは大きく異なってきます。
あらゆるケースを想定して、ローンのシュミレーションしたほうが良さそうです。